豪シンクタンクの中国を中傷するデマは自らの恥辱を招く=外交部

2020-07-03 20:25  CRI

 オーストラリアの反中シンクタンク「ASPI」の背景が豪メディアに再び暴露されたことを受けて、外交部の趙立堅報道官は3日、北京で行われた定例記者会見で、「悪意あるデマを用いた中国への中傷行為は、結局は自らの恥辱を招くことになる」と示しました。

 オーストラリアの独立系ニュースサイト「APEC news」は、「オーストラリア戦略指針研究所『ASPI』の成功の道」という調査報告書を掲載しました。報道によりますと、「ASPI」は独立性を宣伝しているように見えますが、実際は反中国のロビー活動を行う組織で、オーストラリア国防部が最大の出資者であるほか、米国や英国などの政府と一部の軍需企業なども、その重要な出資者となっています。

 これに対して、趙報道官は「中国以外のメディアが、このシンクタンク『ASPI』の背景をすでに複数回にわたり暴いてきた。今回は具体的な金額まではっきり書かれている。『ASPI』はオーストラリア国内の有識者を含め、広い範囲の人々から批判されている。事実と真実を前にデマを言いふらしても、結局は自らを辱めることになる」とコメントしました。(とんとん、謙)

コメント()

ラジオ番組
8月6日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
佟同