収益共有 黒竜江省撫遠市貧困市民 小康生活を実現

2020-07-02 17:08  CRI

图片默认标题_fororder_G1

撫遠市東方紅村で粉皮(太い春雨のようなもの)を作る屈晶さん

图片默认标题_fororder_G2

撫遠市貿易区の業者王婷さんの店にはロシアから輸入した日用品がいっぱい

图片默认标题_fororder_G3

今年の春節期間中、撫遠市貿易区でロシア製の年越し商品を購入した屈晶さん

 黒竜江省撫遠市は中国の最東部に位置しています。ロシアに隣している地理的な長所を生かし、数年前からここに住む住民のために貿易区を設置し、貧困扶助のための収益共有措置を実施しました。この措置が現地の貧困住民の貧困脱却、小康(いくらかゆとりのあること)生活の実現に一役買ってきました。

 撫遠市民貿易区は2015年7月にオープンしました。当時、貿易区に入って商売を始めた王婷さんには、この5年間で大きな変化が起きました。王さんは「昨年、純利益が50万元になった。ここ2年間の生活は小康生活だと言える」と話しました。

 撫遠市のビジネスと港管理部門の聶志剛副局長は、「設立以降、貿易区の規模は絶えず大きくなっている。区内には130の業者が入っており、輸入商品は72種類ある。設立からの輸入額は合わせて3億1000万元に上った」と紹介しました。

 2016年から、市は国境貿易、農村部の観光などの収益を共有し、収益の再分配によって、貧困市民にも発展の成果を与えています。(殷、CK)

コメント()

ラジオ番組
8月6日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
殷絮