<全人代>崖の上の村、移転で貧困脱却、観光開発も=四川省

2020-05-23 14:43  CRI

 中国南西部にある四川省涼山イ族自治州の阿土列爾という村は古くから「崖の上の村」として知られています。この村は2016年まで、村人は藤の蔓や木の片で作られた梯子を利用して高さ800メートルもある断崖絶壁を上り下りしていました。

 交通の不便は、地元の貧困を引き起こした主な原因でした。

图片默认标题_fororder_E1
道路は崖の村の発展のネックで、
地元の人々にとって貧困から抜け出す上での難題でもあった

 2016年、地元政府は100万元を拠出して、200日間をかけて蔓と木で作られた梯子を鉄筋の梯子に作り変えました。

图片默认标题_fororder_E2
改築後の鉄筋の梯子

 その後、村には水道が引かれ、安定した電力供給も確保され、携帯電話の電波もカバー、ブロードバンドが導入されました。もともと交通が不便なために鉄筋の梯子まで整備したこの村は一躍して人気の観光スポットに変身しました。去年1年だけでも、約10万人の観光客が村を訪れたそうです。

 ところで、鉄筋の梯子はあっても、村人の生活は依然として不便であったため、地元政府は移転による貧困脱却対策の一環として、村の84世帯を県都がある町に引っ越しさせました。

图片默认标题_fororder_E3
崖の上の村から引越し作業を行なう村民たち

图片默认标题_fororder_E4
移転先である県都所在地の新しい社区(コミュニティ)

图片默认标题_fororder_E5
新居に入居した村人たち

 ここ数年、阿土列爾村は観光業のほか、地元政府の支援の下、オレンジや山椒やオリーブなどの栽培を始め、1人あたりの年間所得は2014年の約2000元から2019年の約6000元にまで増えたということです。(藍、Yan)

コメント()

ラジオ番組
8月6日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
马玥