『デジモン』20周年記念作などが公開予定、大島優子出演新作も中国上映を検討中

2020-05-21 16:39  CRI

 国務院の5月8日の発表によりますと、ショッピングモールやスーパー、ホテル、レストランの全面的な営業再開に続き、博物館や美術館など密閉性の高い施設についても規制緩和の動きが出ているとのこと。そのうち、映画館やゲームセンターは完全予約制を導入して再開されるといった具体的な方針も出ており、待ちに待った新作公開への期待が高まっています。

图片默认标题_fororder_2-1
『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆(中国題:数碼宝貝)』

图片默认标题_fororder_2-2
『海獣の子供(中国題:海獣之子)』

图片默认标题_fororder_2-3
『SUNNY 強い気持ち・強い愛(中国題:陽光姐妹淘)』

图片默认标题_fororder_2-4
『再会の奈良(中国題:又見奈良)』

 恒業影業(HENGYE PICTURES)の最新の発表によると、日本映画としては、デジモンアドベンチャーシリーズ20周年記念作品『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆(中国題:数碼宝貝)』や、今年2月に公開されるはずだったアニメ映画『海獣の子供(中国題:海獣之子)』、篠原涼子×広瀬すず主演による2018年の話題作『SUNNY 強い気持ち・強い愛(中国題:陽光姐妹淘)』、そして、河瀬直美監督と賈樟柯(ジャ・ジャンクー)監督が合同プロデュースし、中国の鵬飛(ポンフェイ)監督がメガホンを取った中日合作『再会の奈良(中国題:又見奈良)』が、中国大陸で順次一般公開される予定です。

图片默认标题_fororder_2-5
『生きちゃった』

 一方、2020年に日本で公開予定の新作『生きちゃった』も、中国での一般公開が検討されているとのこと。本作は、2019年6月に上海国際映画祭で発表されたプロジェクト「B2B(Back to Basics)A Love Supreme」=「原点回帰。至上の愛」の一環として制作されたもので、『舟を編む』『バンクーバーの朝日』『町田くんの世界』などで知られる石井裕也がメガホンを取り、男女3人のもつれた人間関係を描くものとなっています。主演には仲野太賀と若葉竜也が抜擢されたほか、AKB人気で中国でもファンの多い大島優子が出演しています。大島は初めて不倫妻の役に挑戦したことで注目を集めています。なお、本作の中国タイトルは『只能唱的心声』です。(ミン・イヒョウ 謙)

コメント()

ラジオ番組
7月2日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
闵亦冰