WHO年次総会の中国の提唱が反響を呼ぶ

2020-05-20 14:50  CRI

图片默认标题_fororder_G1

 第73回世界保健機関(WHO)年次総会が18日に開催されました。新型コロナウイルスとの戦いの肝心な時期に、大会は世界各国が団結を強化する機会をもたらしました。

 開幕式では習近平国家主席が演説を行い、感染症への予防・抑制を強化する6項目の助言を提出し、世界協力を推し進める5つの措置を提唱しました。これらは、国際社会から広く関心を集めました。

 その中には、ワクチンの開発に成功すれば「国際公共財」とするとの発表がありました。これは中国の責任感を示していると見られています。

 AFP通信は、「中国では5種類の潜在的なワクチンが臨床実験を受けると同時に、より多くのワクチンプロジェクトも順調に進んでいる」と報じました。

 また、米ニュースメディア「Politico(ポリティコ)」は、専門家の話として「習主席の声明は非常に意義がある」と報じ、研究開発と製造の大国として、「世界共通の期待を実現する活動に参加する必要がある」と示しました。

图片默认标题_fororder_G2

Politicoの報道

 中国駐在イラン大使館は19日、オフィシャルのソーシャルメディアで、「中国がワクチンを公共財にすることは国際人道主義精神の表れだ」としました。

图片默认标题_fororder_G3

中国駐在イラン大使館の微博

 イラン大使館は、「パンデミック疾病の前では国際的な協力が必要だ。中国は実際の行動で世界に模範を示した。団結、協力こそが人類が最終的に勝利を収める唯一の正しい道である」と示しました。

 中国とは対照的に、最近の米国政府のワクチンをめぐる言論は争議を起こしています。フランスの製薬会社に新型コロナウイルスのワクチンの供給先として米国市場を優先すると要求したことや、ドイツのバイオ医薬品企業に対し10億ドル程度の資金を提供する代わりに米国への移転やワクチン独占を求めたことなどが報じられています。

 この私欲を満たす行為は、各側の批判を招くと同時に、ワクチン共有への懸念を深刻化させました。WHO総会の前に、南アフリカのシリル・ラマポーザ大統領やパキスタンのイムラン・カーン首相を含む140人以上の要人と専門家が連名で公開書簡を発表し、その中で、ワクチンの開発に成功した際は、比較的貧困な国の順番を後回しにしてはいけないと呼びかけました。(李、星)

コメント()

ラジオ番組
7月2日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王帅