外資の中国撤退論はナンセンス

2020-04-19 12:17  CRI

 新型コロナウィルス感染症の影響で、外資の中国撤退論が叫ばれています。特に「日本やアメリカ政府は外資系企業の中国撤退に経済的支援を行う」などの声がソーシャルメディアで上がっています。

 この声は、アメリカですでに再三上がっていますが、実際の措置はいまだに講じられていないようです。

 一方、日本では4月7日に「新型コロナウィルス感染症緊急経済対策」が発表されましたが、サプライチェーン改革について「経済安全保障の観点から、生産拠点の国内回帰や多元化を強力に支援する」といった内容はあったものの、それは「中国」を対象にしているものではありません。さらに資金規模からみると、2486億円で、全体のわずか0.23%しか占めていないことから、この項目は重要事項としてとらえられていないようにみえます。

 実際のところ、日本では労働力人口が不足し、労働力や土地のコストが中国よりかなり高いという現状です。また、アメリカでは生産設備や製造業人材の不足など厳しい課題を抱えています。

 「外資の中国撤退論」について、中国商務部報道官は16日、「経済発展には内在する規則がある。現在、世界経済のサプライチェーンの形成は、各国企業が長年共同で選択してきた結果である」と強調しました。

 なお、4月14日時点で、中国の大手外資系企業で生産再開率が70%を超えた企業は全体の72.8%を占めています。これは、中国で工業システムが完備されていることや最大の市場規模が存在することと関連していると言えます。

 また、中国米国商会による「中国ビジネス環境調査報告2020」によりますと、インタビューを受けた企業の75%は、感染症の影響がどうであれ、中国での投資計画を変えることはないと表明しています。

 また、習近平国家主席は今年のG20(金融世界経済に関する首脳会合)で、「世界産業チェーンやサプライチェーンの安定を共同で維持し、ビジネス環境の適正化を図り、世界経済の安定に寄与していく」との方針を示しています。(閣、CK)

コメント()

ラジオ番組
1月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
沈圆