ラオスで初めて2人の感染確認

2020-03-24 18:58  CRI

 ラオスの保健省が24日に発表したところによりますと、同日新型肺炎の感染が初めて確認され、感染者は首都ビエンチャン在住の2人の地元住民だということです。これで、東南アジアのすべての国で新型肺炎の感染が確認されました。

 ラオス保健省のプートーン・ムエンガパック(Phouthone Mueangpak)副大臣は同日の記者会見で詳細を明らかにしました。感染者の一人はビエンチャン・クラウン・プラザホテルに勤務する28歳の男性です。3月5日から8日にかけて、タイで開催されたシンポジウムに出席した後、9日にバンコクから飛行機でビエンチャンに戻りました。もう一人は36歳の女性ガイドで、3月5日から11日にかけて、欧州からの観光ツアーを案内したということです。二人とも23日に熱が出て、頭痛や咳などの症状が現れ、ビエンチャン友誼病院に入院しました。同日、新型肺炎の感染が確認され、現在は友誼病院で隔離治療を受けているということです。

 ラオス政府の関係部門はこの二人の患者の濃厚接触者の足跡を追跡するとともに関係者に対して隔離や観察の措置を取っています。(藍、星)

コメント()

ラジオ番組
4月1日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
刘非