中国蝗害防止活動グループがパキスタンで記者会見

2020-02-28 15:52  CRI

图片默认标题_fororder_cc11728b4710b91261917e0ad89fbb059345225e

 中国蝗害(バッタによる災害)防止活動グループは27日、パキスタンの都市カラチで記者会見を行い、現地でバッタによる災害を視察した状況を紹介するとともに、もう一段階上の措置と長期的な管理の実施に関する意見を提出しました。

 中国蝗害防止活動グループの責任者を務める全国農業技術普及センターの首席専門家・王鳳楽氏は席上、「パキスタンで蝗害が発生して以降、中国政府は要請に応じて、直ちに中国蝗害防止活動グループを現地に派遣し、緊急対応策と支援方法を検討した上で、持続可能な蝗害対応メカニズムの構築へ協力した」と述べました。

 24日から26日にかけて、グループはパキスタン食糧安全研究部植物保護局、現地の農業局の幹部と討議し、昨年バッタによる災害に遭った地区を実地調査しました。

 このほど、中国が鴨10万羽をパキスタンの被災地に投入して、バッタを処理すると報じられています。これについて、グループのメンバーで、中国農業大学の張龍教授は、「鴨の投入は使う範囲と効果が限られ、小規模な災害で使う手段である。大規模災害の場合、化学農薬や微生物農薬などの措置が適切だ」と説明しました。(殷、星)

コメント()

ラジオ番組
9月29日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王帅