新型肺炎、「公衆衛生上の緊急事態」に該当しない=WHO

2020-01-24 12:40  CRI

 世界保健機関(WHO)緊急委員会は23日、中国で感染が広がっている新型コロナウイルス肺炎に関する第一回会議を終えました。

 WHOのテドロス事務局長は会議の結果について、「『国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)』には今のところ該当しない」と示しました。一方で、「新型コロナウイルスによる肺炎は中国と世界で勃発するリスクが高く、WHOは注意深く見守っていく。感染の拡がり状況によっては、再び緊急委員会会議を開いて対応する」と強調しました。

 21名の専門家が参加した今回のWHO緊急委員会は22日と23日に行われ、PHEICの宣言に関する意見はほぼ半々に分かれました。最終的には、外国での感染者数が限定的で、中国が国内でウイルス封じ込めの措置を講じていることを考慮して、宣言を見送ったということです。

 テドロス事務局長は、「中国以外の国ではまだ人から人への感染病例はないが、事態が悪化する可能性がある。ただ、旅行や貿易などについて今より広範的な制限を設ける必要はないと判断している。空港でのウイルス検出に取り組むことを全面的な管理措置の一部として講じることを提案する。各国が注意を配り、医療機関などで新型コロナウイルス肺炎の病例検出に着手すべきだ」と述べました。(怡康、星)

コメント()

ラジオ番組
2月23日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
张强