【観察眼】西側メディアよ、恥をかく前に茶番を止めよ

2019-12-25 17:52  CRI

 西側の一部メディアは今年10月、英国で某南アジア国家からの密航者が死体で見つかった際、事実確認をしようともせずに「中国人ではないか」と報道した。その後、香港情勢に関しては公然たる内政干渉を行い、暴力を美化して演出した。さらには新疆問題についても悪意ある攻撃を加えてきた。

 そして、西側の一部メディアによる横暴な報道は、今度はクリスマスを目前にして再び行われた。英国の某メディアはクリスマスカードが中国の刑務所における強制労働によって製造されているなどと結びつけた。これらのメディアは、中国を貶せそうなネタを見つけるたび、我先にと報じ、誹謗中傷を継続している。

 相変わらずの手口だが、変化もある。それは、手段がより卑劣になっているということだ。以前はある出来事について、事実を検証せずに思い込みやイメージに基づく先走った報道であったが、今回は完全に架空の、都合の良い捏造を用いている。

 このような低レベルなやり方に対しては、もはや真実を伝える以外の対応は不要だろう。スポーツの試合でも、相手が正々堂々と戦うことを諦め、反則に手を染めてしまったならば、もはや試合を続けるには値しない。昨今、新疆ウイグル自治区の真の姿を示す映像が公表されたが、西側メディアの反応はと言えば、「イヤなことは聞きたくない」とばかりに一斉に耳を塞いでいる。意図的に報道を避けているのは、己のミスを認めた証だろう。

 西側の荒唐無稽な報道内容を鵜呑みにする視聴者は、いたとしても少数派だ。その少数派の人々も、自らの足と自らの目で確かめさえすれば、件の報道とは異なる中国の姿が見えてくるだろう。積み重ねた捏造はやがて明るみになり、このようなメディアへの信頼感は失われていくだろう。誹謗中傷する力すら失い、世間の笑いものになる前に、この下手な茶番劇を止めたほうが賢明ではないか。(CRI日本語部論説員)

コメント()

ラジオ番組
1月18日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
沈圆