SF小説『三体』が遂に漫画化 公開未定ながら映画化の動きも

2019-11-25 14:33  CRI

图片默认标题_fororder_4-1

 日本でも話題となった劉慈欣(りゅう・じきん)の長編SF小説『三体』(早川書房より2019年に刊行)のコミカライズが始まりました。本作は漫画本としてではなく、テンセント(騰訊)のアニメ漫画チャンネルでオンライン連載として配信されていく予定です。
 『三体』は、2006年5月から12月まで、中国のSF雑誌『科幻世界』で連載され、2007年に重慶出版社によって単行本が出版されました。その後、「地球往事三部作」シリーズとして2作目の『三体II:黒暗森林』が2008年5月に、3作目の『三体III:死神永生』が2010年11月にそれぞれ出版されました。タイトルの「三体」とは、ニュートン力学にある古典的な三体問題に由来するもので、ストーリーは異星人「三体星人」と地球人との戦いを中心に展開されます。中国で計50万部以上を売り上げたこの作品は、2014年11月に英訳版が出版され、海外でも数多くのSF賞にノミネートされるなど高い評価を得ています。著者の劉慈欣は1963年生まれ、山西省の出身で、本業はエンジニアです。中学生のころから創作を始め、これまでに長編小説を7作、作品集を9作、中篇小説を16作、短編小説を18作書いており、1999年から2006年までの期間に、中国のSF小説賞「銀河賞」に連続入選しています。今年の春節に大ヒットを記録したSF映画『流浪地球(さまよえる地球)』も、劉慈欣の作品として知られています。
 「実写化」の動きとしては、『三体』が原案の舞台劇が2017年末に上演されたほか、張番番(チャン・ファンファン)監督と馮紹峰(ウィリアム・フォン)主演による映画化の話も出ていますが、公開日は未定です。映画化に先駆け、漫画版がまず配信される形となりました。(ミン・イヒョウ 謙)

 

コメント()

ラジオ番組
12月8日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
闵亦冰