小中学生日本語・スピーチ大会で学習成果を披露=北京

2019-11-18 10:20  CRI

图片默认标题_fororder_1

 北京市にある海淀外国語実験学校で17日、第一回海外杯小中学生日本語・スピーチ大会が行われました。北京市海淀外国語実験学校多言語センター主催、国際交流基金北京日本文化センター後援によるこの大会は、中国で日本語を学ぶ学生に発表の場を提供することを目的に開催され、中国国内在住の小中学生で日本語を母語とせず、日本に3 カ月以上滞在したことのない学生を対象としています。今回、小学生の朗読部門に10グループ26人、中学生の朗読部門に4グループ10人、スピーチ部門には3人が参加しました。

图片默认标题_fororder_2
会場雑観

 小学生の朗読部門は、『わたしと小鳥と鈴と』(金子みすゞ)、『ぐりとぐら』(中川李枝子・山脇百合子)、『銀河鉄道の夜』(宮沢賢治)から選んで朗読に臨みました。1グループ2分以内の日本語朗読では、台本を見ずに暗記してスラスラと朗読する学生、文中に歌があるものでは手を叩きながらリズムをとるなど、工夫を凝らした発表もありました。また、1年生になったばかりの学生の参加もあり、出場者たちは物怖じしない堂々とした朗読を披露しました。

 中学生の朗読部門では、作品を自由に自分たちで選ぶことができ、小説や日本の歌の歌詞を朗読するグループもありました。さらに「わたしの好きな日本」をテーマとする中学生のスピーチ部門では、自分が好きな日本料理、テレビドラマ、アニメについて、独自の視点からスピーチしました。

 第一回大会の結果、小学生朗読部門は『ぐりとぐら』を朗読した張悦朗さん、中学生朗読部門はグループで『はしれメロス』を披露した張稷宇さん、孫文拙さん、宇博岩さん、スピーチ部門では日本のテレビドラマ「孤独のグルメ」について語った張可淼さんが一等賞を獲得しました。

图片默认标题_fororder_3
小学生朗読部門で一等賞の張悦朗さん

图片默认标题_fororder_4
中学生朗読部門で一等賞の張稷宇さん、孫文拙さん、宇博岩さん

图片默认标题_fororder_5
中学生スピーチ部門で一等賞の張可淼さん

 スピーチ部門で一等賞になった張さんは「日本語の勉強を始めてから1年が経ち、自分が学んだことを発表することができた。一等賞はこれからの勉強の励みになり、また日本語学習の楽しさにもつながる」と喜びを語りました。他にも小学生の参加者からは「これからもっと勉強して、大人がいないときでも自分が日本人の友人たちと交流できるようになりたい」と目標を述べました。

图片默认标题_fororder_6
アカペラサークル「BAC」

图片默认标题_fororder_7
海淀外国語実験学校小学1年生の歌

图片默认标题_fororder_8
海淀外国語実験学校中学1年生の歌

图片默认标题_fororder_9
「BAC」と小中学生による合同合唱

 大会の最後には、北京在住の日本人と中国人で活動するアカペラサークル「BAC」によるパフォーマンス、海淀外国語実験学校小学1年生の「一年生になったら」、中学1年生による「未来へ」などの合唱も行われ、中国で日本語を学ぶ学生たちにとって普段の努力の成果を披露する1日となりました。(文責:星和明)

图片默认标题_fororder_10
大会参加者の集合写真

コメント()

ラジオ番組
12月8日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
李阳