【CRI時評】消費のレベルアップが中国経済に強力なパワーを注入

2019-10-08 21:25  CRI

图片默认标题_fororder_1611239409

 終わったばかりの国慶節の連休期間中、中国の多くの消費データが過去最高を記録した。10月1日から7日の期間中、全国の小売業と飲食業の売上高は前年同期比8.5%の伸びを示し、国内旅行収入は対前年比8.47%増の6497億1000万元で、引き続き消費が中国の経済成長の最も重要な推進力になっている。

 また、今年の国慶節の連休期間中の消費には少なからず新たなハイライトが生まれ、「夜間経済」、「地域1号店経済」などが中国経済に新たな活力をもたらしている。中国銀聯が発表したデータは、消費の時間帯で見ると、10月1日から6日まで、夜10時から朝6時までの飲食消費金額が前年比54.9%の伸びを示し、40.3%という飲食業の平均伸び率を大きく上回ったことを示している。「地域1号店経済」とは、人気店の地域1号店の開店を指す。これらの現象が消費者に受け入れられることで、今年の国慶節連休はいっそう豊かに彩られた。

 今年上半期、中国国民1人当たりの可処分所得は15294元で、価格の変動要因を除いた実際の伸び率は6.5%だ。中国には現在4億人の中間所得層がおり、これら中間所得層が安定して拡大していることが消費面での有力な支えとなっている。2018年には、消費が5年連続で経済成長の最大の駆動力となったが、今年の上半期の中国経済の成長に対する消費の貢献率は60.1%に達している。

 現在、世界経済が比較的大きな減速圧力に直面し、保護貿易主義と一国主義がはびこっている背景の下で、中国の国慶節連休期間中の消費市場が引き続き活況を呈していることは、正に消費が中国経済に持続的に強力なパワーを注入し、消費が、中国経済が外部の嵐に抵抗する拠り所でもあることを示している。(CRI論説員)

コメント()

ラジオ番組
10月16日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
张强