【CRI時評】「中国式の貧困撲滅」が全世界の貧困脱却の道を照らす

2019-10-04 14:29  CRI

图片默认标题_fororder_2121

 世界最大の発展途上国である中国が過去70年間に収めた貧困撲滅の成果は、全世界の貧困撲滅を加速させるという直接の影響をもたらした。中国は貧困撲滅の分野で国連の目標を率先して実現してきただけでなく、アジア・アフリカ・ラテンアメリカ諸国に対して、いかなる政治上の条件もつけない援助をできる限り行ってきた。過去70年間に渡り、中国は累計170の国と国際組織に4000億元以上の資金を援助してきた。派遣した援助スタッフは60万人以上、実施した各種の対外支援プロジェクトは5000件以上、育成した発展途上国の各種人員は延べ1200万人以上だ。中国は大国としての責任を果たしてきた。

 中国の貧困撲滅のモデルと経験は、中国の知恵とソリューションという面から、全世界の貧困撲滅に貢献している。全世界では現在もなお、7億人以上が貧困から抜け出せず苦しんでいる。世界における貧困撲滅の仕事は今なお「任は重く、道は遠し」といった状況だ。国連の「持続可能な開発のための2030アジェンダ」は、極端な貧困をなくすことを筆頭の目標に掲げている。中国はこれに対して、責任を果たし、貧困撲滅の経験を持つ大国として、対外開放の協力の中でウィンウィンの協力をさらに重視し、輸入を増やし投資を拡大することで、他の発展途上国が持続可能な開発を向上させることを支援している。

 世界銀行の研究リポートによれば、「一帯一路」イニシアティブにより、関連諸国の760万人が極度の貧困から抜け出し、3200万人が中程度の貧困を抜け出すことになる。中国が設立した「南南協力援助基金」は2018年までに、災害対策や衛生などの分野での200件以上の発展協力プロジェクトを30カ国以上で実施した。昨年9月の中国・アフリカ協力フォーラム北京サミットで、中国はアフリカ諸国に対し、産業促進と能力建設での協力実施を約束し、アフリカ諸国の指導者から高い評価を得た。

 「ハイブリッド稲の父」と称えられる袁隆平氏は、「交配により生み出した水稲が全世界に広まることを夢見ている」と語っている。そのことは、貧困国の人々が飢餓に別れを告げ、幸せな生活を送ることの助けになるだろう。袁隆平氏の夢は、中国の責任でもある。中国は今後も貧困撲滅の経験と成果を世界と分かち合い、貧困撲滅で新たなタイプの国際的協力と交流の関係を構築することで自らの力を貢献させていく。(CRI論説員)

コメント()

ラジオ番組
7月3日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王帅