2019年10月2日放送用お便り紹介

2019-10-02 14:56  CRI

图片默认标题_fororder_皆野川さんと私.JPG

 愛知県岩倉市のリスナー杁本直正さんによる新中国成立70周年を祝う「中国切り紙展示会」が6月20日から10日間にわたって愛知県知多公民館で開かれました。国慶節期間中となる今日は杁本直正さんと同じくリスナーの小笠原広行さんのお便りを中心に、展示会の様子を再放送を通して改めてご紹介します。

 ①愛知県岩倉市    杁本 直正

 今日から10日間の日程で、愛知県の知多公民館で切り紙展が始まりました。ついに「戦いの火蓋は切られた」です。読売新聞中部支社 小牧春日井通信部の大隅(おおすみ)清司 記者が取材に来てくれました。早ければ、明日の新聞に掲載して頂けるそうで、楽しみにしております。取り急ぎ、短くてすみません。頑張ります!!

 また、地元、春日井市の小笠原広行さんが、次の日曜日に来場されるとメールが来ました。

 今日、滋賀県甲賀市の山田隆さんが来場されました。わざわざ、紅白歌比べで当たった中国のDVDと機材を持参されて会場で流しました。本当に頭が下がります。毎年、見に来て頂いていて、5時間ぐらい一緒に居ました。DVDの切り紙を作成している所を流し続けました。今日だけですが、DVDは来場された方々にお見せできました!会場の2階でバレーボールをしている方々が足を止めて見ていかれ、大変好評でした!!!来場された方に切り紙を差し上げました。

 今日、地元、春日井市在住の小笠原広行さんが来ました。今年の紅白歌比べ1等賞のTシャツを着てこられました、私からは紅白歌比べ3等賞の扇子、CRI日本語部からの寄せ書きの色紙を見せました。小笠原さんとは2017年一宮市の木曽川資料館でお会いしており、2年ぶりの再会となりました。楽しいひと時を過ごさせていただきました。もっと展示会に関してPRしなければとお叱りを受けました。また、過去にCRIから取材を受けたことがあるのかとも聞かれました。また、今日、公民館でやさしい中国語クラブの勉強会があり、中国人の先生、生徒の方々とお会いできました。月に2回行っているそうです。

 ②愛知県春日井市   小笠原広行

 皆様こんにちは。やっと梅雨らしくなったと思ったら、台風3号の接近で大雨の心配をしなければならず、大変な6月最終週を向かえています。さて、現在開催中の「第15 回中国の放送局から収集した切り紙展」は、自宅から車で 10 分程の会場だったので、23日に拝見し、さらに杁本さんともお話をして参りました。偶然にも「やさしい中国語クラブ」という講座が開講していて、受講者の方々も初めてご覧になる切り絵の数々を熱心に見学されていました。会場選びから展示設営、そして対応から搬出まで、大変なご苦労があると推察し、次回からはお手伝いをさせて頂くことと致しました。折角でしたので、「紅白歌くらべ」のプレゼント商品のT シャツを着て、二人で記念写真を撮りました。ではまた~再見!!

 ③愛知県岩倉市    杁本 直正

 10日間に及ぶ切り紙展が無事に終了しました。素晴らしい展示会だったと思いますので、ここに報告させていただきます。CRI日本語部におきましても幾度となく、展示会のことを放送で紹介して下さり有難うございました。寄せ書きの色紙も謝謝!

 新中国成立70周年、15回目の切り紙展、令和になって初めての切り紙展と3つ重なりました。15回目となれば、慣れたもの?と思われそうですが、決して、そうでは、ありませんでした。会場が代われば、展示品の配置も変わりますし、初めて気が付くことも沢山ありました。

 今回も滋賀県甲賀市の山田隆さん、静岡県富士市の皆野川(みなのかわ)和恵さん、地元、春日井市の小笠原広行さんらが見に来てくれました。山田さんは、CRIから送られてきたニーハオ中国というDVDを機材とともに持って来られて1日だけでしたが、来場された方々に見てもらいました。皆野川さんは、ワザワザ、最終日に来て下さり、後片付けまで手伝っていただきました。全く、なんと言っていいのかわかりません。小笠原さんは、今年の紅白歌比べの賞品で1等賞のTシャツを着て下さりました。一緒に写真を撮ったのは言うまでもありません。

 来場された方々の中で印象深いものとしては、公民館で中国語を勉強している方々とお会いできたことは良かったと思います。中国人の先生をはじめ、生徒の皆さんらで中国のことや中国国際放送局のことに関して話が盛り上がりました。

 マスコミ関係では、中日新聞、近郊版に展示会の案内が掲載されました。地元のケーブルTVは取材が無く1週間のイベント紹介に留まりました。読売新聞は取材に来てくれましたが、結局、掲載されませんでした。

 今回は、あまりにも冊子に時間が掛かりすぎました。あれもこれもと言う事で、35年間の集大成。ページも205ページになってしまい、打ち出すのに1時間かかってしまいます。成果を重視し、欲張るより、その過程を楽しむことが出来たと思います。来場した方々でお会いできた方々には切り紙、CRIのステッカーを差し上げました。以上、ご報告でした。

 

 以上のお便りを10月2日(水)のラジオ番組「中日交流カフェ」でも紹介しています。 水曜日のハイウェイ北京「二時間目」からお聴き下さい。

ハイウェイ北京・水曜日 http://japanese.cri.cn/radio/wednesday

コメント()

ラジオ番組
10月16日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
刘非