【CRI時評】中国は世界の気候変動に「プラスのエネルギー」を放ち続ける

2019-09-25 10:05  CRI

图片默认标题_fororder_微信图片_20190925100519

 23日の月曜日、ニューヨークの国連本部で国連気候行動サミットが開催された。その目的は実体経済の分野で大規模な具体的行動を推進し、気候変動に対応することだ。

 中国は一貫して気候変動への対応を自国の持続可能な成長が内在する固有の要件であり、人類の運命共同体構築のための責任ある役割とみなしてきた。科学技術の革新と体制メカニズムの革新を通じて、中国は現在では世界最大の省エネルギー、新エネルギー利用、再生可能エネルギー大国となっており、生態文明の構築は国家の発展戦略にも挙げられている。2000年以降、全世界で新たに増加した緑化面積の約四分の一は中国によるものだ。

 中国は2030年前後までに二酸化炭素(CO2)排出量を減少に転じさせるとともに、その時期をできる限り早め、2030年にはGDPあたりの二酸化炭素排出量を対2005年比で60-65%減らして一時エネルギー消費に占める非化石エネルギーの比重を20%前後にまで高め,森林面積の蓄積を対2005年比で45億立方メートル前後増加させる。

 現在、グローバルな気候ガバナンスは重要な段階に入っている。米国は2007年に「パリ協定」から脱退したが、環境保護と省エネに配慮した世界のグリーンで低炭素の発展の趨勢は変えることはできず、世界の気候ガバナンスは引き続き推進されている。(CRI論説員)

コメント()

ラジオ番組
10月16日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王帅