<日本人スタッフのつぶやき395~ミニ鉄道公園を見てきました>

2019-09-17 13:49  CRI

 こんにちは、日本人スタッフの森です。小ネタですが今回も鉄道がらみの話題をお届けします。北京市の中心部から少し西寄りの所に、鉄道廃線跡を利用した小さな公園が開園しました。

图片默认标题_fororder_(1)

图片默认标题_fororder_(2)

 この日は残暑が厳しく、強い西日を浴びながらの散策になりました。この線路はかつて貨物線として都心部に達していたようですが、都市整備により廃線となり、列車を静態保存した公園に生まれ変わりました。写真のSLは、日本の機関車をモデルに製造されたもののようです。

图片默认标题_fororder_(3)

图片默认标题_fororder_(5)

图片默认标题_fororder_(4)

 ご覧のように鉄道をテーマにしたデザインが施されています。中国でいう「公園」は一般的に自然公園など大掛かりなものを指しますが、このところ「口袋公園」といって、手軽に散策が楽しめる小さな公園の建設が進められています。

 ここには、鉄道関連だけでなく様々な施設も併設されています。

图片默认标题_fororder_(6)

 このような機材を備えた運動スペースがあり、

图片默认标题_fororder_(7)

 またジョギングコースもあります。ただし線路跡利用なのでかなり縦長な周回コースです。

图片默认标题_fororder_(8)

 そしてきれいな花が植えられました。

 この近くにはわりと最近まで営業していた貨物駅がありましたが、やはりモータリゼーションの影響で正式に廃止されました。

图片默认标题_fororder_9

 この右側部分が元プラットフォームで、左側の白いコンクリートの下には線路が眠っています。市街地を注意深く見ると、このような鉄道遺構があちこちに隠れているのがわかります。

そしてこの近くには地下鉄が走っています。

图片默认标题_fororder_10

 旧名称を受け継いだ駅名です。これは地下鉄6号線で、廃線のほぼ真下を同じ方向に走っています。

 こうした「口袋公園」はまだ珍しく、また完成直後ということもあって、かなりの人が同じように風景をカメラに収めていました。入場料のかからない手軽な施設が市街地に少しずつ増えています。

 

(森 雅継)

ラジオ番組
10月29日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王帅