貿易摩擦への心配感続く=FRB景気動向調査

2019-09-05 14:31  CRI

 米連邦準備制度理事会(FRB)が4日に発表した、7月初めから8月下旬までの全米の景気動向調査によりますと、「全体的にゆるやかに拡張してはいるが、雇用の伸びが鈍く、また物価がやや上昇し、関税や貿易政策に対する心配感が依然として続いている」ということです。

 この調査は、FRBの配下にある地域の準備銀行12社による最新の調査結果を基に編集されたものです。景気の動向を業界別に見ますと、製造業は前回調査よりやや後退し、観光業はほぼ全域で安定を維持し、不動産業は売れ行き不振とのことです。また農業は、悪天候の影響や商品価格の低迷、貿易問題などにより、依然として低迷状態とのことです。(Lin,森)

コメント()

ラジオ番組
9月16日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
刘睿琳