「Panda杯全日本青年作文コンクール」表彰式開催=北京

2019-08-05 15:09  CRI

 日本全国の若者を対象にした「Panda杯全日本青年作文コンクール2019」の表彰式が5日、北京市の外文出版発行事業局で行われました。

图片默认标题_fororder_1

 このコンクールは、日本の中国大使館、雑誌社「人民中国」、日本科学協会の共同主催によるもので、今年は「@Japan わたしと中国」をテーマに513人が応募し、受賞者55人のうち、優秀賞受賞者など26人が訪中しました。

图片默认标题_fororder_2

 外文出版発行事業局の杜占元局長は、「千年前に遣唐使が両国交流史の幕を開いた。約百年前、国を救うことを志す若者が日本に留学し、新中国成立後に両国の知識人が国交正常化を実現させた。改革開放以降、日本は中国の現代化建設を支援した。新時代において、日本の若者が先人から続く中日友好のバトンを引き継ぎ、中国の若者と両国関係のより良い未来を築いてほしい」と述べました。

图片默认标题_fororder_3

 訪中団の団長を務めた日本科学協会の梅干野晁評議員は、「若いうちに現地を見るのはいい経験になる。これからも色々なものを経験してほしい」と示しました。

图片默认标题_fororder_4

 優秀賞を受賞した京都大学大学院生の大谷琢磨さんは、アフリカのウガンダで実感した中国の現地支援の取り組みと、西側メディアなどの中国批判報道に疑問を持ったことをきっかけに、中国に興味を持つようになり、今回のコンクールに投稿したと話しました。また、中国の学生との交流を通じて、「日本と中国の人は同じような趣味を持ち、同じような会話ができると実感できた。今後はSNSなどを通じて、中国について感じたものを発信していきたい」との考えを示しました。

图片默认标题_fororder_5

 同じく優秀賞を受賞した聖心女子大学の髙塚小百合さんは、「想像以上に発展していて、活気を感じた。自身で感じた北京の魅力や学生の勉強ぶりなどを周りの人たちに伝えていきたい」と初めて中国を訪れた感想を語りました。

 このコンクールは、日本の若者の中国に対する認識と理解を深めてもらうことを目的に2014年に始まり、今回で6回目です。訪中団一行は2日から8日にかけて北京市と西安市を訪れます。(取材・写真:RYU  映像:李陽)

图片默认标题_fororder_6

 

コメント()

ラジオ番組
8月21日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
刘睿