上半期の中国対外投資構造 最適化進む=商務部

2019-07-16 19:56  CRI

 商務部が16日に発表した統計によりますと、今年の1月から6月までの中国の対外投資は3468億元に上り、昨年同期比0.1%増であることが明らかになりました。また、商務部の担当者は、中国の「一帯一路」国家への投資協力が積極的に推進されていることを明らかにしました。

 商務部協力局の韓勇副局長は、「今年上半期の中国の対外投資協力は安定した伸びを保ち、対外投資の構造も最適化が進んでいる」と述べました。

 韓副局長は、「1月から6月にかけての対外投資の主な対象はリース及びビジネスサービス業、製造業、卸売りと小売業、採鉱業、情報コミュニケーション・ソフトウェア及び情報技術サービス業などの分野となっている。中でも、製造業、情報コミュニケーション・ソフトウェア及び情報技術サービス業の対外投資は、それぞれ7.3%と31.7%増となった。不動産業、スポーツとエンタメ産業の対外投資については、新規プロジェクトはない」と述べました。

 また、「一帯一路」建設について、韓副局長は、「上半期、中国は『一帯一路』沿線の51カ国と地域で新規投資を行っており、投資額も同時期総額の12.6%に上っている」と明らかにしました。(RYU、む)

コメント()

ラジオ番組
8月24日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
沈圆