イラン核問題 包括合意枠組み内での対話を=外交部

2019-07-15 20:33  CRI

 フランス、イギリス、ドイツの指導者らは14日、合同声明を発表し、米国がイラン核問題合意から離脱し、対イラン制裁を再開することに遺憾の意を表し、イランの合意履行範囲の縮小は協議の全面瓦解を招く可能性があるとの懸念の意を表すと共に、イラン側にも関連決議の撤廃を強く促し、合同委員会のメカニズムを通じ対話でイラン問題を解決していく姿勢を強調しました。まさ、三者は、地域の安全情勢の悪化を懸念し、あらゆるステイクホルダーは責任を持って行動し、緊張局面をエスカレートさせず、対話を再開していく必要があるとの考えを示しました。

 これを受けて、外交部の耿爽報道官は15日、定例記者会見で、「現在の情勢の中で、各国はなお冷静さと抑制を保ち、包括合意の枠組み内で問題を解決すべきだ」と強調しました。

 また、耿報道官は、「国連安保理決議の要求に基づき、包括合意を全面的かつ有効に実施していくことこそが、イラン核問題を解決し、緊張局面を緩和する唯一現実的かつ有効な手段であり、各国の平等な対話を通じた問題解決に向けた環境づくりを利することにもなる」と指摘しました。(雲、む)

コメント()

ラジオ番組
8月24日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
佟同