日本メディア、中国侵略時の毒ガス使用記録を公開

2019-07-09 12:42  CRI

00:00:00
00:00:00

 日本の共同通信は7日、歴史研究者の松野誠也氏が、中国を侵略した日本軍の毒ガス戦部隊が毒ガス弾を使った際の詳しい記録を発見したと報道しました。

 日本軍の毒ガス戦部隊が戦闘で皮膚や粘膜をただれさせる「びらん剤」や、呼吸器に激しい苦痛を与える「くしゃみ剤」が入った毒ガス弾を使ったという記録を発見した松野氏は、「今分かっているのはほんの一部に過ぎない」と述べた上で、「必ず事実を明らかにし、教訓をくみ取り、悲惨な歴史を再び起こさないようにする」と表しました。 

 松野氏が提供した、戦争に関する詳しい記録によりますと、1939年7月、日本陸軍の毒ガス戦部隊が山西省東部の山間部で戦闘した際、「くしゃみ剤」が入った毒ガス弾231発を、また「びらん剤」48発を中国軍に向けて発射したとのことです。

 松野氏は日本現代史の研究者で、2010年に明治大学大学院の博士号を取得し、日本軍の生物化学兵器に関する様々な書籍や資料集を発行しています。(雲、森)

コメント()

ラジオ番組
11月12日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
赵芸莎