2019財新サミット、双方向開放における香港の役割が話題に

2019-06-11 17:18  CRI

图片默认标题_fororder_E

キャリー・ラム行政長官による開幕の挨拶(写真提供:香港行政区政府報道局)

 財新メディアが主催する中国経済界で最も権威性かつ展望性のある会議の一つである「財新サミット香港会場:双方向の開放、手を携えて未来へ」が香港で開催されました。「双方向開放にフォーカスを与える」をテーマに、大陸と香港の政府職員、学者、企業家らが出席し、講演を発表しました。特に、国家の双方向開放における香港の先頭役としての役割が話題の焦点となりました。

 林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官はサミットの開幕式で、「『対外開放』は香港の名刺となっており、香港は先頭役の役割を果たしている。広東・香港・マカオグレーターベイエリアの発展と『一帯一路』の建設は我々の最高のチャンスであり、発展のプラットフォームである」と挨拶しました。

 今回のサミットは「アジア新興経済体:『新しいチャンスを包容する』」、「金融開放とイノベーション」、「広東・香港・マカオグレーターベイエリア:金融を共同で経済の新たな核心に仕上げる」などについて討論されました。(HJ 謙)

コメント()

ラジオ番組
8月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
黄竞