<日本人スタッフのつぶやき390~河北省唐山へ見学ツアーに行きました>

2019-05-22 10:56  CRI

 こんにちは、日本人スタッフの森です。マラソンの話題ばかり続いてしまいましたが、今回は知的な活動についての報告です。5月18日、大学のOB会が主催する河北省唐山市への見学ツアーに参加しました。

图片默认标题_fororder_(1)

 日本から7人、中国から17人の合計24人が朝7時に貸切バスで北京を出発し、3時間余り揺られて最初に到着したのがここ、「李大釗記念館」です。100年以上前に中国から日本に留学し、のちに中国近代国家の設立に大きく貢献した偉大な人物のものです。

图片默认标题_fororder_(2)

图片默认标题_fororder_(3)

图片默认标题_fororder_(4)

 記念館の職員の方々が盛大に迎えて下さり、在学中の成績表など記念品の贈呈式が行われました。またOB会一同の寄せ書きも渡しています。

 そのあと、ガイドつきで館内を見学しました。

图片默认标题_fororder_(5)

 かなりリアルに作られていますが、これは館内の展示物です。右手前が李大釗で、左奥が魯迅です。

 その後、12時過ぎにレストランへ移動し、海産物をたっぷり味わいました。

图片默认标题_fororder_(6)

 内陸部が広い中国は日本ほど海の魚を食べませんが、この辺りは渤海湾に近いので海の幸がふんだんに味わえます。写真の焼きエビのほか、サワラ、シャコ、アワビなどが食卓にどっさり並びました。

 昼食後、沿岸部のコンテナバースに移動します。

图片默认标题_fororder_(7)

 大学で物流や貿易を学んでいた私にとって、これは大変貴重な見学となりました。写真の向こう側は貨物ターミナルで、ここから「中欧班列」と呼ばれる列車がヨーロッパのアントワープに向けて出発します。

图片默认标题_fororder_(8)

 ここでも記念品の贈呈が行われました。右はコンテナターミナルの責任者である馬志剛所長です。

图片默认标题_fororder_(9)

 この後、職員の方に案内されてバースや倉庫を見学しました。船積みや荷下ろし用の高さ数十メートルの巨大なクレーンが林立しており、またかなりのレベルで自動化が進んでいるとのことです。この辺りは埋め立て地で建設されて日が浅く、設備全体が大変きれいでした。ちなみに海の風景もインスタ映えでした。

图片默认标题_fororder_(10)

 ひとしきり見学したあと、最後に地元の不動産開発業者を訪れました。マンションを建設して新興住宅地を設けるとのことです。この辺りは現在、旅客用の鉄道網がなく交通手段はマイカーなどに頼っていますが、近々高速鉄道が開通して北京までのアクセスがかなり便利になるようです。

 このツアーで一番印象深かったのは、見学内容よりむしろ狭いバスの中などで日中双方の参加者が緊密に交流したことです。参加した日本人は中国在住歴が長くて中国語が話せる人が多く、それぞれ積極的に交流していました。われわれ海外生活者はこうした活動にどんどん参加することが大切です。少し勇気がいりますが。(森 雅継)

コメント()

ラジオ番組
8月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
佟同