北京のアジアレストランは4399軒 日韓タイがTOP3に

2019-05-20 10:54  CRI

图片默认标题_fororder_J5-1

 今月16日から22日まで、北京オリンピック公園で北京アジア美食フェスティバルが実施されています。その活動の一環であるアジア美食文化フォーラムがこのほど、「アジア飲食発展報告書」と「2019アジア美食消費トレンド報告書」を発表しました。

 これら報告書によりますと、北京市内には(中国料理を除く)アジア料理のレストランが4399軒あり、そのうち最も多いのが日本料理、韓国料理、タイ料理のレストランだということです。

 一方で、店舗数の伸び率はマレーシア料理(92%)のレストランがトップで、次いで日本料理(59%)、タイ料理(55%)となっています。また、インターネットで検索された回数の伸び率は、トップから順にトルコ料理(56%)、タイ料理(46%)、韓国料理(35%)だったということです。(Lin、謙)

コメント()

ラジオ番組
8月24日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
刘睿琳