<壮麗たる70年の歩み>長沙で体験するスマート製造の魅力

2019-05-20 20:09  CRI

 ビッグデータやクラウドコンピューティング、モノのインターネット(IoT)の発展と応用に伴い、新たな世代の電子情報技術と伝統的製造業の融合が製造業の発展のトレンドとなっています。湖南省長沙市でハイクオリティな発展の一線を取材する活動に参加した記者たちは、伝統的製造業とIT技術の融合を目のあたりにし、政府のハイクオリティな発展への意気込みを感じました。

图片默认标题_fororder_1博世长沙车间

ボッシュ長沙の作業場

图片默认标题_fororder_2工业4.0生产线

「インダストリー4.0」生産ライン

 ボッシュ(BOSCH)は精密機械と電気工程製造分野で名高い多国籍会社です。今回、記者らはボッシュ長沙を訪れ、「インダストリー4.0」の最前線に触れました。9人の操作員で1時間に400台のモーターを生産する自動化生産ラインに比べ、「インダストリー4.0」生産ラインでは操作員わずか2人で1時間に480台のモーターを生産できるようになっているということです。また、伝統的生産ラインと比べ、「インダストリー4.0」生産ラインでは設備回転率が10~15ポイント向上したほか、投資回収率も20~30%向上しており、さらに大幅に人手を節約しているということです。

图片默认标题_fororder_3三一重工18号厂房

三一重工18号工場

 一方、エンジニアリング機械の国内大手である三一重工では、新技術で産業のアップグレードとモデルチェンジを後押しし、新旧原動力の転換を通じて新しいモデルとエコシステムを作り上げることに成功しています。三一重工の18号工場は、アジアで最大の先進的かつスマート化された製造工場となっているということです。

图片默认标题_fororder_4梦洁家纺吊挂式传输加工系统

メンデールのハンギング式コンベア作業システム

 また、60年の歴史を持つ従来型企業である寝具メーカーのメンデールは、業界内で初めての国家クラスのスマート化製造テストプロジェクトを展開する企業であり、作業場には自社で開発したハンギング方式のコンベア作業システムが配置され、作業に従事するスタッフは数えるほどしか配置されていないということです。(玉華、む)

コメント()

ラジオ番組
9月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王玉华