中国経済、4月は適正範囲で推移(更新版)

2019-05-15 18:10  CRI

00:00:00
00:00:00

 图片默认标题_fororder_G

 国家統計局の劉愛華報道官は15日、国務院報道弁公室の記者会見で、4月の中国の経済は適正範囲で推移し、「おおむね安定成長している」と述べました。

 具体的には、現代的サービス業が比較的速く成長しているほか、工業生産もほぼ安定し、新たな産業や製品の伸びが目立つとしています。またサービス業全体の生産指数は前年同期比7.4%伸び、このうち情報通信、ソフトウェア・情報技術サービスはそれより17.6ポイント、リース・ビジネスサービスは同じく0.7ポイント高い数値を示しました。また、一定規模(本業の年間売上高が2000万元)以上の工業各社の付加価値は前の年より5.4%増加、そしてハイテク製造業についてはそれより5.8ポイント高い11.2%の伸びとなっています。

 これについて、商務部国際貿易経済合作研究院国際市場研究所の白明副所長は「データの通り、中国経済は適度な規模で成長しており、またその質も少しずつ改善している。サービス業については、通信や新興産業と関わりのある業種の成長が速く、質が向上し構造が改善しつつあることを物語っている。また、製造業も同じく構造的に改善している傾向がうかがえる」と指摘しています。

 4月はこのほか、売り上げについては穏やかな成長で、投資は安定成長を続けています。ハイテク産業の投資は伸びが比較的速く、また貿易も増え続けて構造が改善しつつあります。

 劉報道官は、これらをまとめて、「外部の環境は依然として厳しく複雑で、不安定性や不確定性が増している。国内はやはり構造的な問題が目立っており、経済は下振れ圧力が存在している。しかし主な指標を見ると、引き続き安定し、なおかつ伸び幅もわずかに加速している。経済成長を始め、雇用、物価、そして市場などいずれも適正な範囲で推移している」と説明しています。(殷、Yan、星、森)

 

 

コメント()

ラジオ番組
8月18日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王小燕