WTO改革で4つの改革重点を提案

2019-05-15 10:22  CRI

00:00:00
00:00:00

 商務部は14日、「中国は世界貿易機関(WTO)に改革案を出し、改革の重点分野4つを提出した」と発表しました。商務部の責任者は談話を行い、「中国は各側とともに改革を推し進め、グローバル経済ガバナンスにおけるWTOのより大きな役割発揮を実現させる」と示しました。

 ジュネーブ現地時間13日、中国はWTOに「WTOの改革に関する中国案」を提出しました。商務部世界貿易組織司の責任者は、「中国はWTOの存在を脅かすカギとなる問題の解決、WTOのグローバル経済ガバナンスにおける関連性の強化、WTOの効率向上、多国間貿易システムの包摂性の増強という4つの重点分野を強調して、具体的な意見を提出した」と説明しました。

 さらに、「現在、世界経済の状況は変わり、一国主義や保護主義が台頭している。経済のグローバリゼーション、多国間貿易システムの権威性と効率性は難問に直面している。同時に、WTO自らの交渉の進捗が遅くなり、効率の向上や貿易政策の透明度強化が急務となっている。この背景において、中国はWTOが必要とする改革を支持しており、当面の危機を解決して時代発展の需要に応え、多国間貿易システムを維持し、開放型の世界経済の構築をサポートしていく」と示しました。(殷、星)

コメント()

ラジオ番組
10月17日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
殷絮