<壮麗なる70年の歩み>メノウ彫刻、後継者育つ

2019-05-06 11:01  CRI

 中国のメノウの主産地である遼寧省阜新市。その彫刻は2006年に無形文化財に登録され、国内外で知られています。

图片默认标题_fororder_李洪斌为记者讲解玛瑙雕“素活”作品

 「阜新メノウ彫刻」を受け継ぐ代表的な人物である80歳の李洪斌さんは、10代の頃からメノウ彫刻を学び始めました。無形文化財への登録理由について李さんは、「まず材料選びが難しい。メノウは小さいものばかりで大きな塊が少ない。それに彫るのも難しい。硬いがガラスのようにもろいからだ」と述べました。

 阜新市はこのところ、メノウ彫刻の受け継ぎを重要視しており、支援策を相次いで打ち出しています。李さんも多くの教え子がおり、中にはデザインや彫刻までできる人もいて、後継者が育っています。(Mou、森)

コメント()

ラジオ番組
9月15日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
孟群