米国の対イラン制裁、EUと仏・独・英が不満示す

2019-05-05 12:33  CRI

00:00:00
00:00:00

 欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表とフランス、ドイツ、イギリスの外相は4日に合同声明を発表し、イランの原油を輸入する一部の国と地域に対する制裁の免除中止を決定した米国に対して遺憾と懸念を示し、イラン核合意の枠組みにおける一部の核拡散防止プロジェクトの終結という米国の決定に懸念を表しました。

 フランス外務省が4日に発表した今回の合同声明によりますと、「EUとフランス、ドイツ、イギリスは、制裁の取り消しはイラン核合意の重要な構成部分であり、イランと外部の経済貿易関係にプラスとなるだけでなく、イラン国民の生活保障にも有用であると考えている」として、米国がイラン核合意から離脱した後に対イラン制裁を再開することに遺憾の意を示しました。

 声明はイラン核合意が中東地域の安定と安全、世界の核拡散防止システムの擁護と欧州の安全にとっても極めて重要であり、イラン核合意をあくまでも支持する姿勢を改めて表明しています。また、国際原子力機関(IAEA)はイランが合意の履行をずっと続けており、合意は効果的であることを何度も確認しています。

 さらに声明では、EUとフランス、ドイツ、イギリスがこれからもその他の欧州諸国と共に対イランの合法貿易を維持し、貿易取引支援機関(INSTEX)決算を通じた対イラン貿易を保障していくと表明しています。(Mou、星)

コメント()

ラジオ番組
6月17日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
孟群