平和憲法を擁護し、9条改憲に反対する集会=東京

2019-05-04 11:57  CRI

00:00:00
00:00:00

 日本の憲法施行72周年に当たる3日、自民党は「憲法修正にまつわる国民の声を取り入れ、国会内部における意見一致の実現に努める」との声明を発表しました。それと同時に、数万人の市民が東京で集会を開き、憲法施行72年を記念するとともに平和憲法を擁護し、9条改憲に断固として反対するとの声を上げました。

 集会には約6万5千人が参加し、野党、学者、市民団体など各界代表が講演を通して平和憲法の修正に反対しました。その後、市民は東京都内でパレードを行い、横断幕やスローガンを掲げて「戦争に反対」「憲法を擁護」と呼びかけました。

 日本最大の野党である立憲民主党は声明で、「自民党政権が自らの権力行使を妨げる『障壁』を廃除しようとする動きが、日本国憲法を深刻な危機に晒している」と指摘しました。

 現行の日本国憲法は1947年5月3日に施行されました。憲法第9条は、「日本国民は、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と定めており、その目的の実現にあたっては、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」と規定しています。(怡康、星)

コメント()

ラジオ番組
9月18日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
张怡康