上海自由貿易区オフショア取引が発展期を迎える

2019-04-12 17:10  CRI

图片默认标题_fororder_1

 上海金橋開発区にあるボルボ建築設備投資公司はこのほど、中国水利水電第八工程局によるナイジェリアの水力発電所プロジェクトの掘削機購入代と頭金を受け取り、オフショア取引を完了しました。オフショア取引の越境決済の難問が上海自由貿易区で解決されました。

 「一帯一路」建設の推進に伴い、中国企業は海外に相次いで大型プロジェクトを行っています。その際、グローバル企業から設備や製品を購入する場合、その企業の中国本部に発注するやり方が最も便利な方法です。しかし、貨物が国内を経由せずに、直接海外の生産企業から海外の依頼人に販売、あるいはレンタルするとなれば、この企業の中国本部はオフョア取引の決算ができなくなります。

图片默认标题_fororder_2

 上海自由貿易区が貿易のグローバル化を推進する背景において、オフショア取引は新型の国際貿易の形として、既存の制度と政策による制限を乗り越える必要があります。このため、上海自由貿易試験区金橋管理局は2016年からオフショア取引の越境決済の難問に取り組んでいます。

 2018年7月、ボルボ建築設備投資公司は解決策を構築して管理部門に申請するとともに、初のテストプロジェクト中国水利水電第八工程局によるナイジェリアの水力発電所プロジェクトを始めました。ボルボ建築設備投資公司の副総裁は、「30トン規模の掘削機2台を発注した。設備は韓国の工場からナイジェリアのラゴス港に運ばれる。購入代金はボルボ建築設備投資公司が興業銀行上海支店に設けた口座を通じて決済する」と説明しました。(殷、星)

コメント()

ラジオ番組
4月24日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王巍