最高人民裁判所知的所有権法廷、初の判決

2019-03-27 20:40  CRI

 最高人民裁判所知的所有権法廷第1法廷は、上訴人であるアモイルーカス自動車部品有限公司、アモイ富可自動車部品有限会社が知的財産権を侵害したとして、被上訴人であるヴァレオクリーニングシステム会社と原審の被告である陳少強の起訴について判決を下しました。判決は上告を棄却して、上海知的所有権裁判所の一審判決を支持しました。

 これは最高人民裁判所知的所有法廷が今年1月1日に成立して以来、公に審理する初の事件となり、各界の関心を集めています。合議制法廷は「ルーカス自動車部品有限公司とアモイ富可自動車部品有限会社の行為は不法行為であり、侵害を停止する法的責任を負うべきである」と示しました。(HJ 星)

コメント()

ラジオ番組
8月24日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王帅