<日本人スタッフのつぶやき385~国際女性デー記念イベントが行われました>

2019-03-09 18:26  CRI

 こんにちは、日本人スタッフの森です。ニュースでお伝えの通り、「両会」と呼ばれる年に1度の国政運営会議がこちら北京の人民大会堂で行われています。そのさなか、3月8日の「国際女性デー」の前日に例年通り祝賀会が行われました。CRIから外国人の女性職員のほか外国人男性の妻が招待され、私の妻が去年に引き続き参加しました。

图片默认标题_fororder_(1)

 この日、私は非番だったので、妻に付き添って人民大会堂まで行き、入場前に参加者と共に写真を撮りました。ほとんどが外国人で、右から3人目が中国人の妻です。

 私は会場内に入ることができないので、ここで妻を見送ります。以下、妻からの報告を会場内の模様をお伝えします。

图片默认标题_fororder_(2)

图片默认标题_fororder_(3)

 宴会ホールに入り、去年と同じように管弦楽団の演奏で迎えられました。そして、ステージで出し物も披露されました。

图片默认标题_fororder_(4)

图片默认标题_fororder_(5)

 大きなステージで、歌やにぎやかなダンスが演じられました。

图片默认标题_fororder_(6)

 カラフルな衣装を着た大勢の女性たちがにぎやかにステージを盛り上げてくれました。また画面でお分かりのように、この「国際女性デー」はもう100年以上前から続いているようです。

图片默认标题_fororder_(7)

 そして、参加者1人1人にお茶やケーキが用意されました。

 このところ日本では女性の社会進出に力を入れていますが、中国はこの点で日本よりはるかに上を行っています。力仕事や理工系分野など、日本で「男の世界」とされる分野も普通に女性が働いており、またCRI日本語部は女性が圧倒的多数です。

图片默认标题_fororder_(8)

 式典終了後、妻はご機嫌な様子で会場を後にしました。

 ところで「夫」や「妻」の中国語ですが、辞書に書かれている“丈夫”、“妻子”はやや硬い言い方で、会話ではよく”老公“、 ”老婆“と言います。この”老婆“(laopo=ラオポー)はもちろん日本語の「老婆」(ろうば)という意味ではなく、また「長年連れ添った妻」という意味でもなく、新婚ホヤホヤでも“老婆”と言います。ちなみに私の“老婆”は30代前半です。(森 雅継)

コメント()

ラジオ番組
3月20日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7中国123_fororder_6
JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2中国百科検定_fororder_132959111934859451北京観光_fororder_1
王帅