企業対外投資が安定化、投資主体も多元化か=グローバル・シンクタンク

2018-12-04 13:24  CRI

00:00:00
00:00:00

 中国のグローバル・シンクタンクは3日、北京で最新の「中国企業グローバル化レポート」を発表しました。このレポートによりますと、中国企業の海外投資は数年前の急速な成長と比べスピードが緩やかになり、投資も更に理性的な傾向が目立つほか、投資主体も多元化の様相を呈しています。

 商務部の統計によりますと、2017年、中国企業による外国への直接投資額は、これまでの10年で初の減少を見せたことがわかりました。グローバル・シンクタンクの王耀輝主任はこの点について、「先進国が投資の参入基準を引き上げたことに加えて、中国が企業の海外投資についての監督管理を強化したことも原因だ」と指摘しました。

 また、レポートによりますと、2017年中国企業の海外への投資は、M&Aが主な目的でしたが、不動産、ホテル、娯楽などの分野におけるは抑制されたとしています。また投資分野について、製造業に集中しているほか、情報トランスミッション、コンピューターサービスとソフト産業への投資が勢いよく伸びているとのことです。

 他にも、王耀輝主任は、「一帯一路」における経済貿易協力では、国有企業と私営企業が足並みを揃えて取り組む様子が見られると述べました。また、2019年について、同報告は、中国企業による海外への投資の重点が欧州と「一帯一路」沿線のマーケットに移っていくだろうとの指摘を行っています。(任春生、む)

コメント()

ラジオ番組
12月10日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
张强