Panda杯全日本青年作文コンクール表彰式を実施=北京

2018-11-19 18:10  CRI

图片默认标题_fororder_1.JPG
会場の様子

 「Panda杯全日本青年作文コンクール2018」の表彰式が19日、北京で行われました。中国外国語出版発行事業局の陸彩栄副局長、主催者である人民中国雑誌社の陳文戈社長、および日本からの訪中団26人が参加しました。

图片默认标题_fororder_2.JPG
陸彩栄副局長

 陸彩栄副局長は挨拶で、「国民の友好は中日友好の基礎で、若者は中日友好の担い手である。今年は中日平和友好条約の締結から40年という節目の年で、中日関係が正常な軌道に戻り、改善の勢いが出ている。5年目を迎えた今年のコンクールは、応募者数と訪中者数が過去最高であり、中日関係の将来に一層の自信と希望を持たせた」と語りました。

图片默认标题_fororder_3.JPG
受賞者の井内英人さん

 日本から訪れ、受賞した井内英人さんは「中国に住んでいた3年間の経験を書いた。来る前はメディアを通じて中国にすごく悪いイメージを持っていたが、実際に住んでみると、中国人はいろいろなことを教えてくれて、日本人に対してとても好意的で、びっくりした。だから皆さんに中国の良さを伝えようと思ってこの作文を書いた」と話しました。

图片默认标题_fororder_4.JPG
受賞者の山本蘭さん

   同じく受賞した山本蘭さんは、「高校生の時、家に中国人女性がホームステイに来た。最初はメディアのいろいろな報道に左右されて、中国人との交流も初めてで、すごく不安だった。でも、彼女は年は5つ違いで、とても素直で優しくて妹みたいにしてくれた。海外の人と交流していく中でとても大きな出来事になったので、作文を書いた。去年の3月に彼女に会いたくて、北京を訪れた」と話しました。また、今回の訪問の特別企画である四川省成都のパンダ基地見学について、「私は『蘭』という名前で、初めて日本に来たパンダの名前も『蘭蘭』なので、パンダにとても親しみがあり、生で見たこともないので楽しみにしている」と話しました。

图片默认标题_fororder_5.JPG
受賞者の宮地大輝さん

 受賞した宮地大輝さんは、「今回訪れる北京と成都は初めて行く所で、同じ中国の都市だが、街並みや食生活などはまったく違うだろう。その違いを味わうのが一番の楽しみだ」と期待を示しました。

图片默认标题_fororder_6.JPG
記念写真

 Panda杯全日本青年作文コンクールは2014年に始まり、5回目となる今回は「@Japan わたしと中国」をテーマに、16歳から35歳までの日本に住む日本人を対象に作文を募集しました。応募された624点の作品から、優秀賞10人、入選10人、佳作35人が選ばれました。優秀賞受賞者と入選者などによる訪中団一行は、16日から22日までの1週間、北京市と四川省成都市を訪れます。(取材:李陽、チェック:森)

コメント()

ラジオ番組
12月10日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
佟同