「笹川杯日本研究論文コンクール」中国で初開催

2018-11-02 10:17  CRI

 大学生による「笹川杯日本研究論文コンクール2018」が10月26日、吉林大学で開催されました。全国の大学の応募作品の中から選ばれたおよそ30の作品について、それぞれ研究の成果が披露されました。その実力の高さを印象付けています。

图片默认标题_fororder_1

オリジナルなテーマが目立った文学の部(10月26日)

图片默认标题_fororder_2

時には鋭い指摘で学生を激励する審査委員の先生(10月26日)

 プレゼンテーションと質疑応答による最終審査を経て、文学部門では北京師範大学の左華芸さん(『赤い鳥』における中国像についての研究―イラストを視点として)、言語部門では北京外国語大学の胡楠さん(日本語教育における性別語のあり方についての一考察)、文化部門では大連民族大学の王紫玉さん(中日両国の大学生の就職観についての比較研究)がそれぞれ特等賞を受賞し、日本への研修旅行の機会を獲得しました。 

图片默认标题_fororder_3

日本行きの切符を手に入れた特等賞の学生たち(10月27日)

 このコンクールは、日本語を専門とする中国の大学生が対象とし、論文に加えてプレゼンテーションや質疑応答を審査するもので、中国では初めての開催となります。審査は、日本文学・言語・文化の3つの分野に分かれ、日本語のスキルのみならず、緻密な思考力や高度な理解力などを基準とし、学問の手法や研究の基本的姿勢を身に付けさせることを目的としています。今回、あわせて54の大学から178件の応募があり、各校で大いに注目されました。

图片默认标题_fororder_4

フォーラム「日本語教育の改革と発展」。活発な意見交換が行われた。(10月27日)

 また、授賞式の翌日、「日本語教育の改革と発展」をテーマにするフォーラムが行われました。中国で日本語教育に携わる専門家らが集まり、人材育成の経験や課題について語り合い、意見交換などを行いました。 

图片默认标题_fororder_5

参加者の集合写真

 今回のコンクール並びにフォーラムは、教育部高等学校外国語言文学類専門教育指導委員会日語専門教学指導分委員会、中国日語教学研究会、日本科学協会、吉林大学が共同主催によるものです。

コメント()

ラジオ番組
11月16日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王巍