日本人スタッフのつぶやき379~色づいた木々を見ながらハーフマラソンを走りました。

2018-11-02 15:06  CRI

 こんにちは、日本人スタッフの森です。スポーツの秋たけなわということで、10㎞マラソンで好タイムをマークした翌週末の10月27日、絶好の日和のもとで今度はハーフマラソンを走りました。

图片默认标题_fororder_(1)

 会場はまたもオリンピック公園で、こちらがスタート地点です。日差しが反射して少し見づらいですが、アーチの左右に「医起跑馬拉松」と書いてあります。そう、この大会は主に医療関係者を対象にしたマラソンで、私は一般枠でエントリーしました。つまり「医師と一緒にマラソンを走ろう」という趣旨の大会です。

图片默认标题_fororder_(2)

图片默认标题_fororder_(3)

 こうした趣旨に合わせて、お年寄り向けに「慢性病に注意しよう」とか、選手向けに「レースの後は体の手入れを」などと呼びかける看板も設置されています。また食品会社が協賛しており、お菓子やカップ麺を提供しています。カップ麺はあまり健康的でない気もしますが。

图片默认标题_fororder_(4)

 ところで肝心のレースの方ですが、運営側の不手際でスタート時間が大幅に遅れ、選手たちはスタート地点に30分近く立ちっぱなしでした。それとコースの状態はこんな感じでした。

 

图片默认标题_fororder_(5)

图片默认标题_fororder_(6)

 ご覧のように人だらけです。この日は絶好の行楽日和で木々もきれいに色づき、見物客がどっと繰り出した上に、ほかのマラソン大会やウォーキング大会も同時に行われ、大変な混雑ぶりでした。スタート待ちで体が冷えたこともあって、走り出してすぐにタイムをあきらめ、完走狙いに切り替えました。

图片默认标题_fororder_(7)

 イチョウ並木の中をマイペースで走ります。ただ人波を縫うように進む場面もありました。

图片默认标题_fororder_(8)

图片默认标题_fororder_(9)

 終始ゆっくり走ったので、このように彩のある景色を楽しむ余裕もありました。

图片默认标题_fororder_(10)

 フィニッシュタイムは1時間43分59秒で、平均キロ5分弱のジョギングペースでした。スピード的に不完全燃焼でしたが、とりあえず今シーズン最後と思われるレースを無事完走した充実感はありました。

 今年もあと2か月ほどとなり、北京はこれから寒い冬を迎えますが、来シーズンに備えて月間300㎞を目標にじっくりと走り込みたいと思います。(森 雅継)

コメント()

ラジオ番組
11月16日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王帅