日本人スタッフのつぶやき377~河北省の省都・石家荘まで日帰り旅行しました。

2018-10-09 15:16  CRI

 こんにちは、日本人スタッフの森です。10月1日~7日の国慶節の大型連休中、好天に恵まれて各地とも行楽客で賑わったとのニュースはご覧いただけたかと思います。ニュース担当である私は残念ながら7連休というわけにはいかず、3日間ほど当番出勤しました。その合間を縫って10月4日に、河北省最大の都市である石家荘に行ってきました。

3

3

 いつものように「汽車旅」です。この日は7連休のちょうど中日で移動が一旦落ち着くころであり、列車の切符は難なく入手できました。ご覧の通り車内はかなり空いています。朝7時に北京西駅を出発し、古都・洛陽行きの列車に乗り込みました。

3

 単調な河北平野の景色を3時間余り眺め、石家荘駅で下車しました。写真では分かりづらいかもしれませんが、駅舎はすさまじい大きさです。この駅は6年ほど前に、従来の場所から南へ3キロほど移転して新設されたものです。

3

 東西を結ぶ橋上から撮影しました。移転とほぼ同時に高速鉄道が開通し、ホームを20数本も抱える極めてスケールの大きな駅に生まれ変わりました。高速列車と客車が見えますが、高速鉄道の駅は郊外に設けらることが多く、このように在来線と混在している例はさほど多くありません。こうした駅は利用者にとって非常に便利です。

3

3

 駅構内の地下連絡通路です。北京駅など従来型の駅はえてして出口が片側のみしかありませんが、この点でも便利になっています。延々と続くこの通路は300メートルほどありそうです。また最近は、飲み物の自動販売機もあちこちに見られるようになりました。ただし見本品はダミーボトルでなく本物のようですが。

 1時間近くかけて駅を見学した後に、今回の最大のお目当てを体験します。

3

 駅に直結している地下鉄に乗り込みました。中国では現在、省都を中心に各地で軌道交通の建設が急速に進んでおり、石家荘も去年に念願の地下鉄が開通しました。クッションのない座席ではありますが、北京の地下鉄より車体が一回り大きいのは意外でした。ドアは片面5か所あります。

 地下鉄を一通り乗り終えてから、改めて地上に出て街中を見て回ります。今度はシェア自転車で移動します。

3

 石家荘は北京に近いので、これまで何度も訪れていますが、今回は地下鉄やシェアサイクルを利用したことにより、行動半径がはるかに広がりました。また上写真の通りに自転車道が非常に整備されており、坂道もないので気持ちよく走行できます。なお私は大学自転車部出身です。

3

 こちら、移転前の旧駅舎です。現在も取り壊されず、展示イベントなどに利用されているようです。このすぐ近くに先ほどの地下鉄の駅もあります。

3

 帰りはこちら、今や都市間移動の足になった高速鉄道に乗りました。北京までの所要時間は在来線の半分以下です。

 時間の都合で名所旧跡などはほとんど巡れませんでしたが、久しぶりに訪れた場所が変貌を遂げている様子を見るのは、中国生活者にとって大いなる楽しみの一つです。特に鉄道や道路について、急速に整備されているありさまを目の当たりにすることができます。その一方で、石炭工場や製鉄所など、従来型の産業施設が朽ち果てて取り壊されている光景も目にしました。(森 雅継)

コメント()

ラジオ番組
10月17日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
沈圆