No.072 キーワードチャイナ【人工知能編】

2018-09-26 13:29  CRI

3

00:00:00
00:00:00

 場面や分野別によく使われる単語や短文をまとめた

 キーワード帳シリーズ

 【人工知能編】

 AI(人工知能)は中国語でもほぼ同じ漢字で「人工智能」。場合によっては、中国語の文脈の中でも英語や日本語と同様にAIと書かれることがあります。

 人工知能には、実は「弱人工智能(特化型人工知能Artificial Narrow Intelligence / ANI)」と「强人工智能(汎用人口知能 Strong AIまたはArtificial General Intelligence)」の区別があります。これまでの研究は主に特化型人工知能の部分が中心でしたが、これは特定の目的のためのもので、ショッピングや翻訳機など一定の比較的シンプルな役割を果たす機能に使われて居ました。一方、我々のイメージしやすいSF映画などに出てくる万能なAIの方は、汎用人工知能と呼ばれるものになりますが、このタイプは思考能力を備えた知能を指すもので、現状では実現不可能ではないかと考えられています。独立した思考のできるAIというのは、確かにドラえもんや鉄腕アトム、銀河鉄道スリーナインの車掌さんとかみたいな存在ですが、アニメとしては楽しめても、もし仮にAIがこのレベルまで進んだら、人類にとっては怖い存在になる可能性さえあるものです。

 さて、人工知能の話をする際、よく出てくる単語に、「机器学习」や「深度学习」、「强化学习」などがあります。「机器学习」は機械学習、「深度学习」はディープラーニング、そして、「强化学习」はそのまま強化学習の意味になります。

 機械学習は人工知能の一部で、ディープラーニングと強化学習は機械学習の方法や形式です。また、機械学習には「人工神经网络」人工ニューラルネットワークが欠かせません。ニューラルネットワークというのは、人間の脳の中にある神経細胞(ニューロン)とそのつながりを言ったもので、その人工的なものというのはつまり神経回路網を人工ニューロンという数式的なモデルで表現したものということになります。様々なニューロンを組み合わせることで、対象の認識や判断を行うためのデータのやりとりが実現されることになります。

 このディープラーニングは、結構身近なところに応用されています。アップルのSiriやアンドロイドのOK Google、WindowsのCortana、AmazonのAlexaなど、いわゆるパーソナルアシスタントがその代表作と言える存在です。この学習は日々続いていて、音声認識と命令実行の効率は日々向上しています。

 また、人工知能を語る際、データマイニングという言葉もよく出てきますが、データマイニングというのは、たくさんのデータから知識を「掘り出す」ことを指すもので、中国語で「数据挖掘」と言います。「数据挖掘」は一つのプロセスですが、その道具と言ってもいい存在が「人工智能」と「数据库技术」(データベーステクニック・DBT)です。ここでのデータは発掘の対象となる素材のようなもので、クラウド上のプラットフォームはデータとアルゴリズム「算法」を受け持つインフラ施設のようなものになります。

 このデータマイニングについては、ビールとオムツ「啤酒与尿布」の物語がよく例として取り上げられます。米国のOsco Drugというチェーンで売り上げを分析したところ、お客さんがビールとオムツを一緒に買う傾向があることがわかったというのです。そこでデータを見てみると、子供のいる家庭で、母親が紙おむつを買うように父親に頼むのですが、店に来た父親はついでに缶ビールを購入していたことが判明します。そこでこの2つを並べて陳列したところ、売り上げが向上したというのです。今皆さんの家の近くのコンビニのレジ周辺で売られている様々な細かい商品も、こうした作業から出てきたものなのです。

 さて、話を戻しますが、そのプラットフォームでは、こちらも最近よく出てくる「云计算」(クラウドコンピューティング)が用いられます。クラウドコンピューティングに集約される内容が「大数据」(ビッグデータ)です。星の数ほどのデータの集合から、様々なことが見えてきます。最近では、この「大数据」を利用することで、色々なことができるようになっています。身近なところでは、渋滞予想などが有ります。そこにナビなどが結びついて、交通予測システムが出来上がり、中国でも運転が非常に便利になりました。配車アプリなどでは、ユーザーがハイヤーをよぶと、一番近い場所、もしくは一番早く到着の可能な車両をピックアップして配車するようになっていますし、違反行為や運転スタイルの傾向などもわかるようになっています。日本のドラマの『絶対零度』で使われていた未犯システムも、こうしたビッグデータを用いたシステムということになっています。

【単   語】

【人工智能】(réngōng zhìnéng)人工知能

【弱人工智能】(ruò réngōng zhìnéng)特化型人工知能Artificial Narrow Intelligence / ANI

【强人工智能】(qiáng réngōng zhìnéng)汎用人工知能 Strong AIまたはArtificial General Intelligence)

【机器学习】(jīqì xuéxí)機械学習

【深度学习】(shēndù xuéxí)ディープラーニング

【强化学习】(qiánghuà xuéxí)強化学習

【人工神经网络】(réngōng shénjīng wǎngluò)人工ニューラルネットワーク

【数据挖掘】(shùjù wājué)データマイニング

【数据库技术】(shùjùkù jìshù)データベーステクニック

【云平台】(yún píngtái)クラウドプラットフォーム

【算法】(suànfǎ)アルゴリズム

【云计算】(yún jìsuàn)クラウドコンピューティング

【大数据】(dà shùjù)ビッグデータ

コメント()

ラジオ番組
10月17日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王帅