「電子商取引法」草案が4回目の審議へ 市場秩序の確保めざす

2018-08-27 17:15  CRI

 中国で初めての電子商取引分野の総合的な法律である「電子商取引法」の草案が27日、国家最高立法機関に提出され、4回目の審議を受けます。この一般市民の生活と密接に関わる法案は、起草の段階から注目を集めてきました。

 データによりますと、中国のネットショッピング利用者の数は、2018年に6億人の大台を突破する見込みだということです。このような巨大な消費市場において、消費者の合法的な権益を保護することが中国電子商取引法の立法のポイントになっています。

 草案をめぐる3回目の審議では、ネットショッピング利用者の個人情報の保護と情報漏えいの予防が義務付けられました。

 消費者が懸念する虚偽広告や押売り、頭金が返金されないといった問題について、詳細に定められ、消費者の権益を保護するシステムができあがっています。

 2017年に、中国の電子商取引の総額は30兆元近くに上りましたが、特許と知的所有権に関連する案件も約2万件発生しています。「電子商取引法」の草案は、経営者側に対して、知的財産権保護の義務を明確化しました。今回の草案では、第3者プラットフォームを対象に課する罰金額が50万元から200万元へと引き上げられたということです。

 このほか、電子商の商工登録、納税、クロスボーダー電子商取引、電子商取引の促進などに関する項目についても、詳しく定められました。

 なお、今回の草案は全国人民代表大会常務委員会会議で審議される予定です。中国の電子商取引分野に関する初の総合的な法律として、採択された場合、各側の利益が調整され、電子商取引の持続的で良好な発展の確保につながるだろうと見られています。(殷、謙)

コメント()

ラジオ番組
9月21日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
马玥