日本人スタッフのつぶやき371~日中友好に尽力、「富士山の展示室」を訪ねました。

2018-06-27 14:55  CRI

图片默认标题_fororder_IMG_20180620_111233

 こんにちは、日本人スタッフの森です。「日本」と聞いて外国人が真っ先に思い浮かべるのはやはり富士山でしょう。その富士山に魅了され、様々な日本の芸術品や関連グッズを収集し、何十年も日中友好に尽力している中国人男性の個人作品展を見学してきました。

 李宗恵さん、83歳。幼少のころから日本文化に携わり、長年にわたって日中友好に務め、一線を退いた今は、北京市内で自宅とは別のマンションで個人の収集展を開いています。特に富士山をこよなく愛し、写真だけでなく富士山に関連した様々なものを展示しています。

图片默认标题_fororder_IMG_20180620_102112

  訪問したのは6月20日で、富士山がユネスコの世界遺産に登録された2013年6月22日から満5年になろうという日でした。このため最近、たくさんの日本愛好者が見学に訪れている、と李さんは嬉しそうに話してくれました。

图片默认标题_fororder_IMG_20180620_104102

  こちらは日本人におなじみの富嶽三十六景。1枚1枚丁寧にパネルに貼ってあります。

图片默认标题_fororder_微信截图_20180627144538

 富士山のテレホンカード(左)と切手。どちらも過去のものとなりつつありますが、それだけに値打ちを感じさせます。

图片默认标题_fororder_微信截图_20180627144612

 こちらも富士山関連グッズ。左はカレンダー、右は安倍川餅のケースです。東海道新幹線の中で富士山を見ながら安倍川餅を食べた記憶がよみがえります。

 そして日本文化に大変な興味を持っている李さんは、富士山だけでなく伝統工芸品なども収集しています。

图片默认标题_fororder_3

左写真はこけし、そして昔の500円札など。右は浮世絵のポスターや羽子板

 李さんは、「中日両国が交じり合うにはやはり歴史や文化を知ることが大切。特に若者たちはアジアに興味を持ち、歴史をしっかり学ぶ必要がある」と、83歳とは思えないしっかりした口調で話してくれました。

图片默认标题_fororder_IMG_20180620_111304

 それと、「日本には、私のように身銭を切って中国文化を展示する場を開いている日本人がいるのか」といった、日本に対する想いのこもった言葉も聞かれました。私も北京の様々な場で、日本に興味を持つ中国人からしばしば日本の状況について尋ねられますが、逆に外国人が急増している日本でも、来日者それぞれの母国に興味を持ってくれる日本人がいればいいと思います。

 ともすると殻に閉じこもりがちな日本人ですが、すぐ近くにいるはずの外国人に気軽に声をかけてみてはいかがでしょう。たったそれだけで関係はずっと良くなると思いますが。(森 雅継)

ラジオ番組
7月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王帅