日本人スタッフのつぶやき370~またも鉄道博物館に行ってきました。

2018-06-25 15:54  CRI

 こんにちは、日本人スタッフの森です。このところ局の組織替えに伴って、わがニュース班の業務も多忙になりつつありますが、そんな中、6月中旬に天安門広場の近くにある鉄道博物館を見学してきました。

图片默认标题_fororder_IMG_20180612_152010

 この「つぶやき」シリーズで、以前に鉄道博物館見学レポートを掲載しましたが、今回訪れたのは、北京市のまさに中心部で交通至便な場所にある別の博物館です。上記の写真をよく見ると、ドーム状の屋根に沿って「正陽門東駅」と書かれています。そう、実はかつてここに鉄道が走り、駅があったのです。

图片默认标题_fororder_IMG_20180612_140456

 館内は地下1階~地上3階の構造で、1階は主に中国鉄道の過去からの歩みが展示されています。上写真のようなリアルなSLなどもありますが、忘れてならないのが旧日本軍などによる鉄道開拓史です。

图片默认标题_fororder_TIM截图20180625155258

 欧米列強や日本軍の中国進出による鉄道への影響が展示されています。上記右の写真は「新京駅」(今の長春駅)の時刻表で、よく見るとすべて日本語で書かれています。

图片默认标题_fororder_TIM截图20180625154327

 2階は主に現代の鉄道利用に関する展示が並びます。中国の鉄道は長らく貨物列車が主役を務めており、展示内容も様々なタイプの貨車やそれらをけん引する機関車について詳しく述べられています。上記右の写真にある「中欧班列」とは、中国とヨーロッパを結ぶコンテナ車を中心とした貨物便、日本でいうフレートライナーです。巨大な経済圏構想「一帯一路」の進展に伴って大幅に増便されている、との説明が添えられています。(余談ですが中国語の「貨車」は主に自動車のトラックのこと)

图片默认标题_fororder_TIM截图20180625154312

 そして、今や中国鉄道のエース格に成長した「高鉄」の模型が並びます。新幹線の建設がやや頭打ち状態となっている日本とはきわめて対照的に、ものすごい勢いで建設が進み、本数も急増し、スピードアップが進んでいます。上記の写真はともに「和諧号」で、左の車両は350km/hの最高速タイプ、右はややスピードの遅い「動車組」と呼ばれているタイプで、寝台車両を備えたものもあります。

图片默认标题_fororder_IMG_20180612_150758

 地下1階には、それらの「高鉄」が発着する各地方の中心駅のジオラマが展示されています。ホームの数が30番線近くある巨大な構造であるものばかりですが、市街地から大きく外れて立地している駅もあり、再開発やアクセスなどが問題となっているケースもあります。

 そして最後におまけ画像を。

图片默认标题_fororder_IMG_20180612_151547

 なぜか路面電車が。これは博物館とは関係ないもので、地下鉄2号線「前門」駅のすぐ近くから、観光用として目抜き通りを南北にゆっくりと走っています。軒を連ねる商店とともにレトロ感たっぷりなので、ぜひ体験してみて下さい。(森 雅継)

ラジオ番組
7月19日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王巍