商務部、米国の非難に反発「改革開放を堅持する」

2018-06-21 17:26  CRI

00:00:00
00:00:00

 商務部の高峰報道官は21日の定例記者会見で、「米国が2000億ドル相当の関税対象品を発表すると威嚇しているが、これは保護貿易主義により極端な圧力を掛けるゆすり行為である」と反発しました。その上で、「中国が知的財産権を盗み、技術移転を強要をしていると非難しているが、これは歴史や現実を著しく捻じ曲げるものだ」と強調しました。

 高報道官は、「米国は関税を乱用して世界各地で貿易戦を引き起こしているが、これでは貿易の秩序が大きく破壊されるだけでなく、貿易パートナーの利益も損なわれてしまう。同様に、自国の企業や国民の利益にも影響が出る。中国に対して知的財産権を盗み技術移転を強制していると非難しているが、これは歴史や現実を著しく捻じ曲げるものだ」と強調しました。

 また高報道官は、「わが国は改革開放を進めていく中で、多くの外国企業が、自国の利益を見て、中国の企業と良好な技術協力を進めてきた。これは言うまでもなく市場契約行為であり、これらの企業は周知の通り十分な見返りを得ている」と述べ、米国が契約の精神や市場ルールを否定していると指摘しました。

 さらに、中米間の貿易合戦の先行きに関する記者からの質問に対し「今のペースで対応していく。人民を中心に、改革開放や質の高い経済成長をゆるぎなく推し進めていく。わが国の経済は前途が明るく、発展の潜在力が大きいと強く信じている」と答えました。(朱 森)

ラジオ番組
7月22日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
王巍