日本人スタッフのつぶやき368~10km マラソンに参加しました。

2018-06-01 16:19  CRI

 こんにちは、日本人スタッフの森です。5月下旬に入り、北京は気温が30度を超える日が多くなってきました。こちらは梅雨がないので、これから向こう3か月ほど紫外線の強い日々が続きます。その暑さの中、5月27日に市内で10kmマラソン大会に出場しました。

图片默认标题_fororder_1

 こちら、スタート地点です。この大会は北京マラソンのような大規模なものではありませんが、中国陸連とスポーツ関連メディアの主催によるもので、日系の会社も含め様々な企業や団体が協賛し、のぼりを立てています。

 まずはレース会場となった、オリンピック公園を簡単にご紹介しましょう。この公園はその名の通り2008年北京五輪の年に有料施設として開園し、その後ほどなく一般開放されました。

图片默认标题_fororder_2

 こちらは園内に掲示された地図です。中央を横切る道路は環状5号線で、ここを挟んで南北のエリアに分かれ、ともに約5kmの周回コースがあります。ランニングコースとしては北京随一であり、今日の大会はこの南北を合わせた10kmのコースで行われました。

图片默认标题_fororder_3

 ここは週末を中心に大勢の市民ランナーが練習に訪れます。この日のレース前も、いつものように一般の市民ランナーや散策を楽しむ人たちがいました。

图片默认标题_fororder_4

 正門である南門の広場の奥にはこのような広大な草地が広がり、奥には池もあります。景色が非常にいい所が市民ランナーに好まれる大きな理由の一つでしょう。

 一方、公園南門の外側には、

图片默认标题_fororder_5

 5本の塔からなる展望台「オリンピック・タワー」があります。ちなみにこの塔、地元では“大钉子”(巨大な釘)と呼ばれています。そしてこの写真やや右側に、真っすぐ南に延びるプロムナードがあります。

图片默认标题_fororder_6

 南北に一直線に伸びるこのラインは「北京中軸線」と呼ばれており、この道の延長線上に天安門広場があります。そして、この写真には写っていませんが、向かって左にオリンピックスタジアム「鳥の巣」、右に競泳会場があります。

 さて、レースの方ですが、日差しの強くなり始めた7時30分にスタートしました。このコースはやや起伏があり、暑さと坂に苦しみましたが、無事に走り切りました。

图片默认标题_fororder_7

 ゴールを前に力走する選手たち。女性ランナーも懸命に頑張っています。

 私のゴールタイムは46分12秒で、去年の秋に出走した同じシリーズの大会を約1分上回りました。

图片默认标题_fororder_8

 成績表は大会のホームページからダウンロードできます。上記の「分段时间」(スプリットタイム)から分かるように、後半にかなりペースアップしました。

图片默认标题_fororder_9

 写真では分かりませんが、ランシャツは汗びっしょりになりました。走歴およそ25年、間もなく50歳を迎えますが、今後は一段と節制して、自分に挑戦し続けるつもりです。(森 雅継)

コメント()

ラジオ番組
10月18日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
马玥