陳思誠(チェン・スーチェン)

2018-05-11 09:37  CRI

图片默认标题_fororder_1

 いま中国で俳優としても映画監督としても注目されているのが、陳思誠(チェン・スーチェン)。1978年2月22日に遼寧省瀋陽市で生まれた彼が、俳優として脚光を浴びたのは2001年のこと。初出演映画『法官媽媽』でいきなり第8回「華表奨」最優秀新人賞、第9回大学生映画祭最優秀新人賞、および第25回「百花奨」最優秀俳優奨を総なめにし、最高のスタートを切りました。一般にも広く名前が知られるようになったきっかけは、2006年放送のTVドラマ『士兵突撃』。これは、王宝強(ワン・バオチャン)主演の、農村出身の気の弱い兵士が成長していく姿を描く軍隊ドラマで、陳思誠は個性豊かな兵士役を好演し、これを機に、王宝強や段奕宏(ドゥアン・イーホン)らと共に人気スターの仲間入りを果たしました。また、同年に日本で公開された中国映画『スプリング・フィーバー(原題:春風沈酔的夜晚)』にも出演。この作品は『天安門、恋人たち』の上映により当局から5年間の映画制作・上映禁止処分を受けた婁燁(ロウ・イエ)監督が処分を無視し、ゲリラ的に撮影を敢行したラブストーリーとして注目を集めていました。この作品で初めてゲイ役に挑戦した陳思誠は、カンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞へのノミネートも果たしました。さらに2011年には話題の犯罪ドラマ映画『守望者:罪悪迷途』に出演。これまで等身大の青年役を数多くこなしてきた陳思誠は今作で、一連の「落とし穴」で次々と人を振り回していく詐欺師役を演じ切り、ギャップのある新たな演技で話題となりました。

 一方で、監督としては2012年にTVドラマ『北京愛情故事』でデビュー。陳思誠はこのドラマで主演と脚本も担当し、「制作から出演まで全てをこなす」というマルチな才能を見せ付けています。ドラマの大ヒットを受け、2014年には同作の劇場版を自ら制作し、念願の映画監督デビューも果たしました。この映画は4億元超の興行収入をたたき出したほか、陳思誠は第21回北京大学生映画祭最優秀監督デビュー作賞を受賞しました。その後、監督作品として大注目を浴びたのが、2015年12月に公開された話題作『唐人街探案(Detective Chin Tang)』。これは、世界中のチャイナタウン(中華街)を舞台に、王宝強(ワン・バオチャン)と劉昊然(リウ・ハオラン)による探偵コンビが事件を解決していくシリーズの第1弾で、その第2弾は2018年の旧正月に公開されました。第1弾はバンコク、第2弾はニューヨークを舞台にしていますが、これから制作される第3弾は東京を舞台にした物語が展開されるということで、第2弾で登場した日本人探偵・野田役を演じた妻夫木聡の再出演も決まっており、期待が高まっています。

(ミン・イヒョウ 謙)

コメント()

ラジオ番組
9月21日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
张强