日本人スタッフのつぶやき363~日中経済界協力フォーラムに参加しました

2018-04-16 15:52  CRI

 こんにちは、日本人スタッフの森です。行楽ものが続きましたが、今回は一転してビジネスの話題をお届けします。4月10日、日中両国の貿易促進団体が主催する「日中経済界協力フォーラム」に参加しました。

日本人スタッフのつぶやき363~日中経済界協力フォーラムに参加しました

 会場となったのは、天安門大通り沿いの王府井に近い一流ホテルの「北京飯店」です。会場にはざっと200人近い関係者が詰めかけ、午後2時に始まりました。

日本人スタッフのつぶやき363~日中経済界協力フォーラムに参加しました

 前列には、主催団体である日本貿易促進協会の訪中団や、中国側の貿易協会のメンバーが並びました。その他、一般の見学者やメディア関係者などが大勢参加しています。なお私は今回、大学のOB会から招待状を受けて参加しました。

 フォーラムはまず、日本の主催団体のあいさつで始まり、そして中国が展開している大型の経済圏構想「一帯一路」について、2名の中国政府関係者がそれぞれ1時間ほど講演を行いました。

 まず、中国国家発展改革委員会のタク東昇副局長が、「一帯一路構想の共同建設」というテーマで概要を説明しました。

 そして、日本駐在の経験がある中国商務部アジア部門の宋志勇研究所長が、同じく「一帯一路」について、具体的な実施例を挙げて同じく1時間ほど説明しました。

日本人スタッフのつぶやき363~日中経済界協力フォーラムに参加しました

日本人スタッフのつぶやき363~日中経済界協力フォーラムに参加しました

 中国では、プロジェクト推進に関する演説はともすると自己礼賛に走りがちですが、宋所長の話は「事業の推進にあたり日中間で温度差がある」「日中では技術的な基準の違いが大きい」などといった問題点も交えて、事例を挙げながら興味深く説明しました。

 講演は5時前に終了し、その後、参加者たちが名詞の交換などをしてしばし交流しました。このような経済や文化に関する日中間の交流イベントに参加する都度、中国側からの「日本人や日本文化に触れたい、そして日本の事物を導入したい」という気持ちがひしひしと伝わってきます。日本語で交流できる若い中国人もかなり目立ちました。

日本人スタッフのつぶやき363~日中経済界協力フォーラムに参加しました

 同じく大学のOB会を通じて参加した、孟華川さん(右)です。彼も大変熱心に日本との交流業務を展開しており、会場では積極的に訪中団の面々に日本語であいさつしていました。

 訪中団のメンバーはおおむね、大企業の経営陣などのようでした。高齢者がやや目立ちましたが、中国のリズムに沿って、スピーディーなビジネス展開を期待したいと思います。(森 雅継)

ラジオ番組
5月25日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 周莉&孟群_fororder_周四周莉孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1