日本人スタッフのつぶやき355~乗車体験記

2018-04-03 16:30  CRI

 あけましておめでとうございます。日本人スタッフの森です。北京で年を越しました。

 暮れの12月30日に、北京市郊外で新たに3本の通勤路線が開通しました。明けて元旦の1月1日に、ほぼ1日かけてそれらをすべて乗りつぶしてきました。

图片默认标题_fororder_s1

 まずはこれ。紅葉で知られる「香山」に向かう電車で、「西郊線」といいます。

 日本でいうライトレールで、車両はノンステップ型、ほぼ路面電車に近い形態です。

图片默认标题_fororder_s2

 路面はこのような感じ。緑化のため芝生が植えられていますが、冬場なので枯れています。

图片默认标题_fororder_s3

 開通3日目で、メディアで大きく取り上げられたこともあって、車内は体験乗車客でほぼ満員でした。

图片默认标题_fororder_s4

图片默认标题_fororder_s5

 終点に到着しました。

 全長わずか9kmあまりでしたが、約33分かかりました。走行速度はマラソン選手並みの20km/h程度と遅くてややイライラしました。また定員数も少なく、この路線はあくまでも観光用であって通勤に使うには不便だなと感じました。

 続いて、2本目の「S1線」を体験しました。北京市初の低速リニアで、全長約9kmです。

图片默认标题_fororder_s6

图片默认标题_fororder_s7

 車両と路面です。これは線路ではなく、車体はこの上を浮上しつつ走行します。

图片默认标题_fororder_s8

图片默认标题_fororder_s9

图片默认标题_fororder_s10

 車窓からは、製鉄所、風光明媚な川、宅地開発と変化に富んだ景色が過ぎて、20分弱で終点に達しました。加速性が大変よく、終始快調なスピードで走行しました。

 終点の石廠駅。やはり体験乗車の人が多く、みんなスマホでの撮影に夢中でした。

图片默认标题_fororder_s11

 そして、最後に向かったのは市街地から最も遠い「燕房線」です。

 图片默认标题_fororder_s12

图片默认标题_fororder_s13

 この路線は普通の通勤電車で、全長約14kmです。

图片默认标题_fororder_s14

 全区間が高架路線なので、十分に景色を楽しめます。

图片默认标题_fororder_s15

 終点の燕山駅。平野部の外れですぐそばに山地が迫っており、また近くに石油化学系の工場があります。

图片默认标题_fororder_s16

 北京の路線で初めて、ホーム上に空調付き待合室が設けられました。

 

 そして、最新版の路線図はこちら。

图片默认标题_fororder_s17

 私が北京に来た2005年当時はたった4路線でしたが、今はもう20本以上に増えました。今回開通した以上の3路線は、いずれも郊外に位置するために「地下鉄」でなく、ほとんどが地上部分を走ります。どれもいい景色が楽しめるので、休みの日にはぜひ足を運んでみて下さい。(森 雅継)

图片默认标题_fororder_s13

コメント()

ラジオ番組
10月16日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1
张强