「新春」真山民

2017-09-06 14:49  cri

00:00:00
00:00:00

「新春」真山民

 今週末は二十四節気の大寒。字を見るだけで、寒い感じが伝わりますね。北京では日中の最高気温が氷点下の日があるものの3度くらいまで上がる日もあります。感覚は相対的なものですから、たった3度でもだいぶ寒さが緩んだように感じたりするから不思議です。北京の寒さは骨を刺すようだと形容されますが、今年の寒さはそれ程ではないようにも感じます。北京の冬も6回目。私が北京の寒さになれてしまったからでしょうか?二十四節気の大寒の次は立春。寒の明けが待たれます。さて、今日は真山民(しんさんみん)の「新春」を紹介します。

「新春」真山民

 作者、真山民は南宋の詩人。出身地など詳しいことは分かっておらず、南宋の学者真徳秀の子孫ではないかというころから真、山民と自称していたので真山民と呼ばれています。戦乱を避け、主に江南を中心に詩を作ります。非常に分かりやすい詩で、その作品は人々に好まれました。タイトルの「新春」は、日本人が見てもぱっと周りが明るく、暖かくなるような印象です。「余凍」は余寒のこと。「初晴」は新春の晴れた日を言います。 ここにでてくる「煙」は、かすみのことで「けむり」ではありません。 「焼」と言う文字は、野焼きの跡のことを言っているのでしょう。「東風」は、春風。 「衡門」は門柱に横木を渡しただけの粗末な門で、隠者の家の門のことです。新春、お正月の時期は、季節的にはまだまだ寒さが厳しい時期ですが、「晴れ」「春」「柳」「碧」「草」「青」「東風」いずれも春を感じさせていくれる単語が次から次へと登場して、読み進むとなんとも暖かい空気に包まれます。

コメント()

ラジオ番組
10月17日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1