文法ノート-87

2017-09-13 17:25  cri

00:00:00
00:00:00

強調Ⅰ

 日本語でも何かを強調したい時には、いくつかの方法、言い方があるように中国語でも何かを強調するにはいくつかの方法がある。

 1)「就」を使った強調

   動詞の前に「就」を入れて強調を表す。

 ① 名詞述語文

 例:

 私は高橋恵子です。 ⇒ 私が高橋恵子です。

 我是高桥惠子。 我就是高桥惠子。

 これは、私のカバンです。⇒ これが、私のカバンです。

 这是我的包。      这就是我的包。

 子供は国の宝です。⇒ 子供は、まさに国の宝です。

 孩子是国之宝。     孩子就是国之宝。

 (謝東さん、いますか?)私です。

 我就是。

 ② 動詞述語文

 例:

 旅行に行きたい。⇒ 旅行にとても行きたい。

 要去旅行。     就要去旅行。

 日本に(とても)行きたい。

 就要去日本。

 中国に(とても)留学したい。

 就要去中国留学。

 仕事で結果をだしたい。(その気持ちが強い)

 就是要在工作中取得成绩。

 2)反語での強調

 ① 「不~吗?(~ではないのか)」、否定と疑問で強い肯定を表す。

 例:

 この本は、あなたの本ではないですか?=あなたのものであることを強調

 这不是你的书吗?

 会議は、今日ではないですか?

 会议不是今天吗?

 この部屋は、掃除してないですか?

 这个房间没打扫吗?

 朝ごはんは、食べていないですか?

 没吃早饭吗?

 ② 「哪儿~ 啊!(どこにいるのか)(どこにあるのか)と言った反語で強調する方法もある。

 例:

 北京の冬はどこが寒いのか?⇒寒くないことを強調

 北京的冬天哪儿冷啊?

 この映画はどこが面白いの?

 这部电影哪儿好看啊?

コメント()

ラジオ番組
8月14日放送分
00:00:00/00:00:00
  • ハイウェイ北京<月曜日>の担当者 劉叡琳_fororder_周一刘睿琳130
  • ハイウェイ北京<火曜日>の担当者 王小燕&斉鵬_fororder_周二小燕齐鹏130
  • ハイウェイ北京<水曜日>の担当者 謝東&劉非_fororder_周三谢东刘非130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 劉叡&孟群_fororder_周四刘睿孟群130
  • ハイウェイ北京<金曜日>の担当者 任春生_fororder_周五任春生130
  • ハイウェイ北京<週末篇>_fororder_北京直通车周末篇
特集ダイジェスト
最新コラム
新華社_fororder_12日中友好協会_fororder_11人民網日本語版_fororder_10人民中国_fororder_9中国網日本語版_fororder_8東方網日本語版_fororder_7
中国123_fororder_6JAPAN online_fororder_5UTYテレビ山梨_fororder_4中華網日本語版_fororder_3東方通信社_fororder_2北京観光_fororder_1